トレンドアフィリエイト事例集-未来予測:レジェンド葛西紀明編

ski-jump-235476_640

トレンドアフィリエイトの実践で上手く行った事例を紹介します。

題して、「トレンドアフィリエイト事例集」。

 

この企画では、1記事で1万以上アクセスを集めたパターンを

成功事例としてご紹介します。

 

今回は「レジェンド葛西紀明」について書いた記事で、

3万を超えるアクセスを集めた時のお話です。

 

 

既に得意パターンとなっていた放送時間記事

 

実はこの記事は当たる確信を持って書いたものです。

 

というのも、ソチオリンピックが始まって以来、

思いつく範囲で思考錯誤しながら、記事を書き続けていました。

 

大会期間中はソチオリンピックの記事だけを書き続けました。

その甲斐あってか、いくつか得意パターンを見つけていました。

 

それがこの葛西選手の記事でもあります。

葛西選手記事のヒットの前に、髙梨沙羅選手の記事がヒットしていました。

 

その時の様子から、アクセスは来ると確信していました。

 

狙ったキーワードは、以下のとおりです。

「葛西紀明 放送 日本時間」

「葛西紀明 いつ ラージヒル」

「葛西紀明 決勝 何時」

 

ちなみに、

いつ=何時なので、タイトルには「いつ」は入れず「何時」だけで十分です。

 

 

結果分析

 

アクセスの推移は以下のようになりました。

screenshot_20140806_204645

 

男子スキージャンプラージヒル決勝が行われた2月15日をピークに、

その前後数日間にアクセスが集中しています。

 

連日様々な競技が行われるオリンピックですから、

人の興味もそう長くは続きません。

 

数日という非常に限定的な期間ですが、

その間にしっかりとアクセスを集めることができました。

 

それにしても、放送時間などは番組表見れば分かるんですけどね。

 

しかし、そこが盲点。

トレンドアフィリエイトをやっている方は特にそう思うでしょうが、

日本人は非常に忙しいのです。

 

情報がすぐに欲しい。

番組表にアクセスしていちいち調べることさえ”おっくう”なんです。

 

だから、欲しい情報のキーワードで直接検索して情報を得ようとします。

検索結果の精度が上がってきている背景もあるかもしれません。

 

また、最近はGoogleも検索結果のトップに

速報や放送時間などの情報は載せるようになりました。

 

先日行われたワールドカップなどでもそうです。

「ドイツ ブラジル」などで検索すると、

試合結果はスタメンなどの情報が最初に現れます。

 

これはGoogleも需要があると見越してやっているはずです。

「そんなの調べれば分かるから…」この思考はこれから相当損しますよ。

 

 

まとめ

 

・得意パターンを持てば自信を持って記事を書ける

・日本人は何事もまず検索してすぐ結果を求める

・こんなの調べれば…ではなく、それがチャンス!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました