Yahoo!ID一つでメールアドレスを最大11個持つ方法

ireland-91312_640

 

無料のフリーメールアドレスがいくつも欲しい!

ネットビジネスをやっていると、そんな状況になることがあります。

 

例えば、Twitter。

Twitterは商用利用もOKで、一人で複数のアカウントを作れます。

 

しかし、IDごとにメールアドレスを紐づける必要があります。

こういう時、フリーメールアドレスがたくさん欲しくなります。

 

 

フリーメールといえば、Yahoo!メール。

Gmailもそうですが、

Yahoo!メールにはナイスな機能が備わっていることをご存知でしょうか?

 

それは、「セーフティアドレス」です。

これを使えば、Yahoo!ID一つで最大11個のフリーメールアドレスが持てます。

 

 

セーフティアドレスとは?

 

セーフティアドレスとは、Yahoo!IDに紐づいたメールアドレス(〇〇@yahoo.co.jp)

のほかに新たなメールアドレスを取得できる機能のことです。

 

元々は迷惑メール対策として提供されているサービスです。

通常のYahoo!メールとセーフティアドレスのアドレス形態は異なります。

以下の通りです。

 

【通常のYahoo!メール】

〇〇〇〇@yahoo.co.jp

 

【セーフティアドレス】

[ベースネーム]-[キーワード]@yahoo.co.jp

 

このように、セーフティアドレスはベースネームを一つ決めて、

その後ろは自由にキーワードを設定したアドレス形態となります。

 

セーフティアドレスは最大10個作れます。

※条件により最大30個作れる場合があります

 

メインアドレス+セーフティアドレス10個=11個というわけです。

 

11個も作れれば、ほとんどの場合十分ですね。

 

 

セーフティアドレスの設定方法

 

では設定方法です。

 

1.メール画面の右側の「設定・その他」を選択します。

screenshot_20140806_162952

2.プルダウンメニューが表示されたら「メールの設定」を選択

screenshot_20140806_163030

3.メールの設定タブが現れ、画面が開きます。

「セーフティアドレス」を選択しましょう。

screenshot_20140806_163126

4.セーフティアドレスの設定画面が開きます。

必要事項を設定していきましょう。

screenshot_20140806_163313入力が完了したら、画面右側にある「保存」ボタンを押します。

 

5.セーフティアドレスが設定されました

screenshot_20140806_163512

6.続けて追加していくことが可能です(最大10個)

screenshot_20140806_163602設定方法は以上です。

 

セーフティアドレスが登録されると、個人フォルダーとして現れます。

screenshot_20140806_163714

メールが届いたら、個人フォルダーに入ります。

screenshot_20140806_163849

メールを送信すると、メインアドレスの「送信済みメール」に入りますので、

ここは注意ですね。

 

これはかなり使える機能だと思います。

是非利用してみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました