情報発信のコツと注意点!アウトプット向上と差別化の思考

GREEN_FU20140125500

トレンド記事だけに限った事ではありませんが、

情報を発信していく上での重要なポイントの1つとして

書き手の情熱が挙げられます。

 

あなたは書いたその記事にはどんな感情が入ってますか?

 

トレンドサイトを運営するということは、情報発信者になるということを意味します。

どんな言葉で取り繕っても、文字を通じて情報発信者の気持ちが

相手に伝わってしまうという事実を認識しておく必要があります。

 

 

ネットの記事でスルーしてしまうのはどんな記事?

目の前に現れた記事を見もせずに

検索画面に戻ってしまうケースって結構ありませんか?

 

自分の書いた記事が人の目に一瞬触れたのに読んでもらえないのは、

情報発信者にとってとても辛い事です。

 

では、自分の書いた記事が人の目からスルーされてしまわないように

するためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

実際に自分がスルーしてしまう記事をイメージすると見えてきます。

 

例えば、情報発信者とその身内だけが楽しめる内容。

芸能人や著名人のブログなどは芸能活動の一環

という要素が加わるのでまた違ってきますが、

素人の日常の生活に他人が興味を持てるのはよっぽどの事です。

 

情報を受け取るのが身内などの一部の人間でいいのなら構いませんが、

多くの人に情報を受け取ってもらいたい、

なおかつアフェリエイトの収入を得たいという人なら

記事の内容を考えていかなければなりません。

 

自分自身が出版社であるという意識が必要だと思います。

 

また、ぱっと画面を見て、中身が薄そうなものも、

すべてを読みきる前に、画面を変えてしまいます。

 

もちろん探していた情報ではなさそうなものも画面を変えてしまうんですが、

明らかに他のサイトから貼り付けただけのようなサイトだと

読んでも欲しい情報がなかったりすることが多いんですよね。

 

人の悪口みたいな記事もあまり読む気がしません。

読んでも楽しくなりませんよね?

 

 

逆にしっかり読んでしまう記事は?

反対に、しっかり読んでしまうものってどんな記事でしょうか?

探している内容が分かりやすく書かれている記事。

または、その時は探していた内容じゃないんだけど、

自分の趣味や興味のある記事などですよね。

 

情報発信者が読み手のことを考えて、

「今こういう情報を欲しがっている人がいるかもしれない。

その人たちの役に立ちたい」

というような思いで作られている文章というのはやはり伝わります。

 

 

情報発信者の情熱は読者に伝わる

トレンドサイトを運営していく上で記事数はGoogleからの認知度に大きく影響します。

やはり「情報の提供」というものを目的にしている訳ですから、

数がないと戦いの土俵に上がれないというのがあります。

そのために圧倒的な記事数というのはサイト運営者にとって必須です。

 

しかしながら、記事数が多ければ中身が薄っぺらくてもいいのか?

というとそういうわけでもありません。

 

短期的に考えるのであれば、中身が薄くても数さえあれば、

何かの拍子にアクセスが小爆発する事はあります。

しかしながら、他サイトの引用で終ってしまっているような記事

というものにリピーターはつきません。

 

情熱の感じられないサイトというのはやはり読み手に分かるので、

Googleからも淘汰されやすくなります。

どこからか情報の材料は取り寄せなければなりませんが、

「書き手が材料に対してどういう見解をもっているのか?」

それが文章から感じられれば、読み手に伝わり反応も出てきます。

 

そうする事によって、

大手のサイト運営者やライバルサイトと差別化することにもつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました