【トレンドアフィリエイト】上位表示できるネタやキーワード選定に必要な思考とは

man-319275_640

最近ネットサーフィンをしていると、記事タイトルを見ただけで

あっ!これはトレンドブログだな。

と分かる機会が増えてきたように思います。

 

Googleもトレンドブログに対するペナルティを日に日に強化していますし、

似たようなトレンドブログが乱立されつつあります。

 

これらのライバルに自分のサイトが勝たないと収益は増えません。

一体どうすればライバルに勝てるのか?

 

そのための思考をお話します。

 

 

現状のトレンドアフィリエイト事情を考える思考

 

現在のトレンドアフィリエイト事情をまず考えてみましょう。

現状分析から突破口を見出す思考が大切です。

 

<トレンドアフィリエイトの現状>

 

・トレンドアフィリエイトは稼ぎやすいという情報をよく目にする

・トレンドブログへのGoogleのペナルティは厳しさを増している

・ネットサーフィンしていると、よくトレンドブログを見かける

・ネットサーフィンしていると、同じようなタイトル記事をよく見かける

 

こんなところでしょうか。

ここから何が読み取れますか?

 

私は以下のことを感じます。

 

・トレンドアフィリエイト人口が増加傾向

・トレンドアフィリエイトで稼ぐノウハウが体系化されている

・情報収集源が似通っている

・Googleはトレンドサイトは低品質なサイトとみなしている

 

要は、

「やる人が増え、似たり寄ったりなサイトが量産されている」

というわけです。

 

じゃあ、自分のサイトを差別化するにはどうするか?

次にこれを考えます。

 

 

情報源をずらすという思考

 

似たようなタイトルに似たような内容。

これだと、Googleだけじゃなく、読み手も毛嫌いしたくなります。

 

正に、今のトレンドアフィリエイト業界はそんな傾向。

なぜ、そうなるのか?

 

それは、情報源が同じだから。

 

ほとんどのトレンドアフィリエイターが

私も紹介しているサイトを中心に情報収集しています。

トレンドサイトのネタ探し・キーワード選定の参考サイトまとめ

 

要は、ほとんど全てをネットから情報収集しているのです。

 

ライバルとの違いを生み出す最善策は、

ネットにとらわれないネタ集めという思考ではないでしょうか。

 

 

具体的にどう情報源をずらすのか?

 

では、具体的にどうやってずらしていけばいいのでしょうか?

考えてみましょう。

 

 

次に何が起こるのか?想像する

 

トレンドとなったニュースが流れた後に、人々が何を求めるのか?

これを想像して先回りすることで差別化を図れます。

 

たとえば、PM2.5のニュースが初めて話題となったとしましょう。

そこで、「PM2.5とは?影響は?健康への被害は?」と記事を書くライバル達。

 

あなたはその先を想像します。

 

そこで、

「マスクの正しいはめ方」

「マスクでPM2.5は防げる?」

「PM2.5に対応した空気清浄機まとめ」

などの記事を書いたらどうでしょう?

 

後になってライバル達がこれらの記事を書く頃には、

あなたの記事は既にアクセスを集めていて

上位表示されていることでしょう。

 

次を想像し、先回りするのです。

ツールに頼らず、自分の想像力で当たりを引いた時、一人勝ちできます。

 

 

広告や雑誌はトレンド情報の宝庫

 

都会に住んでいる方などは、広告にも目を向けてみましょう。

 

話題となりそうなイベントだったり、ゲームだったり、映画だったり、

また、比較的ローカルな情報だったり、色々と情報はあるはずです。

 

また、田舎に住んでいてもコンビニに陳列してある雑誌などでも

情報収集できることがあるはずです。

 

ネットでは出回っていない切り口で記事を書くことができるでしょう。

 

 

ビジネスは人と同じ事をやっていても、人並みしか稼げません。

思考停止にならず、その時の状況を把握しながら、

アプローチを工夫していきましょう。

 

是非、情報源をずらしたアプローチであなただけのトレンド記事を

作り出してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました