トレンドサイトのネタ探し・キーワード選定の参考サイトまとめ

concept-18290_640

私がトレンドサイトで記事を作成する際、

ネタ探しやキーワード選定の参考とするサイトたちをまとめました。

 

 

トレンド記事のネタ探しサイトまとめ

 

Yahoo!リアルアイム検索

今、SNS(Twitter、Facebook)で話題となっているキーワードが何か?

リアルタイムで調べることができます。

 

SNSはニュースが速いので、ここで話題になってすぐ記事にすると、

その後大手ニュースサイトに掲載されたタイミングで

爆発的にアクセスが来る時があります。

 

 

Yahoo!イベントカレンダー

全国でどんなイベントがあるのか?

月ごとにまとめられていて、公式サイトへのリンクもあるので、

イベントのチェックには非常に便利です。

 

お祭りや花火大会、スポーツイベントなどを狙うときは重宝します。

 

 

Yahoo!急上昇ワード

検索数が急上昇したキーワードをまとめてくれています。

私はそんなに使っていませんが、使い方によっては使える情報です。

 

 

Yahoo!テレビガイド

テレビ番組表はこれを使っています。

やはりテレビの影響は今でも絶大ですから。

 

ドラマのあらすじや、番組内容のチェックもできます。

 

 

Naverまとめ

これは、市場調査的に使用しています。

生活系や健康系ネタなど、比較的ロングテール狙いの記事を考える時に、

需要がどのくらいありそうか?ここで調べます。

 

Naverまとめも基本的には検索流入が多いので、

アクセスが多いまとめは検索結果上位に来ているはず。

 

ということは、検索需要がそれなりに分かるというわけです。

 

 

えん食べ

グルメ系の情報が非常に豊富。

Twitterアカウントもあるので、上手く利用してみて下さい。

 

 

子どもとおでかけ情報「いこーよ」

地方のイベント等がチェックできます。

たとえば、流星群の観測イベントとか。ニッチな情報がゲットできます。

 

トレンドアフィリエイターはほとんど使っていないと思います。

差別化するにはいいですね。

 

 

イベントサーチ

全国のイベント情報がたくさんあります。

ワールドカップの時、

パブリックビューイングの開催情報などをここで入手しました。

 

 

ヤクテナ

海外の反応をゲットしたいならココ!

動画などもありますし、非常に充実しています。

 

 

芸能・スポーツ速報+ – 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ – 2ch News Navigator

2chはSNSと並んでニュースが速い!

やはりチェックしていおきたいですね。

 

2chの掲示板より探しやすいので、こっちを使ってます。

 

 

大切なことは差別化!ネタ元から新たなキーワードを創造しよう

 

以上、普段のトレンドサイト記事作成時に参考にしているサイトをまとめました。

あなたの参考になれば幸いです。

 

しかし、トレンドアフィリエイトは普段から差別化を意識しておかないと、

大手ニュースサイトの劣化版に成り下がってしまいます。

 

今回ご紹介したネタ元をチェックするのもよいですが、

慣れてきたら、そこから派生した情報を提供するように心がけましょう。

 

「このニュースを見た人は次に何を求めるだろう?」

 

こういう想像力を働かせ、先回りして記事を用意する。

これが当たると、一人勝ちできます。

 

常に意識しておいて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました