トレンドサイトアフィリエイトのインデックス速度別記事の書き方

stopwatch-60204_640

トレンドサイトアフィリエイトは、

 

みんなが知らないトレンドニュースを、

誰も書いていないキーワードで、

誰よりも早く、

大手とは違う切り口で、

公開する。

 

これがアクセスを集める上で意識するポイントですが、

自分のトレンドサイトのインデックススピードによって

戦略を変える必要があります。

 

 

1.公開からインデックスまで数日かかる場合

作りたてのサイトなどはここからスタートです。

記事数が少なく、アクセスが少ないサイトのインデックスはとてつもなく遅い。

Web上に公開(インデックス)されるまでに数日かかる場合も。

 

こういう状態で、速報ニュースを書くとどうなるでしょうか?

公開される頃には、「もう知ってるよ」状態になることは明白ですね。

 

しかも、大手サイトやライバルサイトが

既に似たような記事を量産していますから、

サイトの力がない上に、ニュースが古いという最悪の結果となります。

 

これだと、たとえ300記事書いても10万達成はほぼ無理です。

 

じゃあ、どうするか?

 

先を見越すしかありません。

未来を予測するのです。

 

「このニュースの次にみんなが知りたいことは何か?」

「今から一週間後にどんなことが話題となるのか?」

 

想像力を働かせて、キーワードを考えましょう。

これしかありません。

 

 

2.公開からインデックスまで数時間かかる場合

この場合はどうでしょう?

数時間ですから、記事を書いた当日には公開される状態と言えます。

 

これでも基本路線は1と同じです。

速報ニュースは数時間たってしまうと、もう古いニュースとなってしまいます。

 

ただ、勝負する選択肢は1よりも増えます。

明日起こりそうな話題などにも手を出すことができますから。

 

 

3.公開からインデックスまで数分、数秒の場合

この状態になれば、大手サイトと遜色ない公開スピードとなります。

公開したとたん、検索結果に反映されるという素晴らしい状態です。

 

ここまで来たら、大手に勝負を挑んでみるのもアリ。

あえて速報系ニュースで爆発的なアクセスを狙うのも手です。

 

私はオリンピックの際、夜中に中継を見ながら順位が確定した瞬間に

記事を公開し、アクセスを集めたことがあります。

 

このように、大手と同じレベルで情報を得ることができるイベントなどでは

十分に勝負になります。

 

ただ、速報系ニュースは上位表示できれば莫大なアクセスが集まりますが、

一方で寿命がかなり短いです。

最近はSNSの拡散力も凄いので、あっという間にニュースが流れていきます。

 

速報系ニュースを書いたら、間髪入れずに関連ニュースで更にアクセスを独占する。

速報系ニュースを上位表示させることに成功したら、

記事内に関連ニュースのリンクを張る。

 

そうすることで、速報系で集めた莫大なアクセスをスムーズに関連記事へ流せます。

これが上手くいくと、相当なアクセスを独占することができるでしょう。

 

インデックスのスピードは速ければ速いほど有利です。

どうやったら、インデックススピードが速くなるのかに関しては以下を参考にどうぞ。

トレンドサイトのインデックスの速さは記事数や更新頻度が大きく影響する

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました