特化型ブログはネタ選定が命!失敗しないジャンル選びのコツ3つ

 

特化型ブログにチャレンジしよう

2015年はトレンドブログに対するペナルティがより厳しくなってきた印象です。

特にごちゃまぜブログはペナルティにあいやすい傾向があります。(実際、私のまわりでも何人ものアフィリエイターがペナルティにあいました。。)

その点、特化型ブログなら専門性が高く、ブログの軸がしっかりしているのでGoogleも一定の評価をしてくれているのが現状。

もちろん、初心者がはじめから特化型ブログを作るのは経験的にもスキル的もやや難しいので、ごちゃまぜブログでスキルアップする方が良いですが、5万とか10万とか、ある程度稼げるようになってきたら特化型ブログにチャレンジしていきましょう。

 

検索需要があるジャンルか

これは基本中の基本ですね。

とにもかくにも、検索されないことにはアクセスにはつながらない。検索需要がどのくらいありそうか?人気があるジャンルなのか?

もちろん、人気がありすぎてライバルひしめくジャンルも、育てるにはなかなか骨が折れるので、そこはずらしたり、切り口を変えてみたり、組み合わせてみたり工夫が必要になってきます。

グーグルのキーワードプランナーを使えば、月間検索ボリュームがザックリ分かりますのでそちらを参考にしながら考えていくとよいでしょう。

 

今後も新しいニュースやネタがあるか

新しくネタが生まれてくるジャンルであることも重要なポイント。

最新ニュースはいち早く記事にすればネタによっては爆発させることもできますし、爆発を起こせるということは、ブログの成長も早いし難易度も下がります。

逆にすでに上映終了した映画だったり、引退したアスリートだったりの特化ブログを作ってしまうと、人気作品もしくは人気選手だったとしても新しいネタが出て来ません。

それだと、爆発を起こすことが出来ませんし需要(アクセス)も増えて行かないことになります。

何より、好きかどうか

そして、これも凄く大切なこと。

扱うジャンルに対する興味が無かったり、特に好きでもないネタを選んでしまったら、ずっとそれについて調べたり書いたりしないといけなくなります。

文章からも感情は色濃く伝わっていきます。好きでもない人の記事は好きな人が読んだ時にはすぐに分かってしまうでしょう。

結局、自分は楽しめず苦行ながらも頑張ったとしても、リピーターも増えずにアクセスも増えていかない。これは凄く勿体ないです。

 

まとめ

以上、特化型ブログのジャンル決めをするときのネタ選定についてお伝えしました。

特化型ブログの成否はこのジャンル決めで大方決まってしまうといっても過言ではありませんので、今回ご紹介したポイントを押さえながらネタを決めてもらえたらと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました