【トレンドアフィリエイト】100記事書いて儲からない時の対策手順

100kiji

トレンドアフィリエイトが稼ぎやすいと聞いて始めてみたものの、100記事書いても収入が増えずに儲からない。月収5000円にも届かない。。

このような悩みをよくメールなどで頂きます。中には200記事書いても2000円~3000円を推移しているという話もありました。

もしかしたら、このブログに来てくださったあなたも同じような悩みを持っているかもしれませんね。もしそうなら、そんな厳し過ぎる状況を打破すべく対策手順についてお話していきますので、このまま読み進めてみて下さい。

 

100記事書いて月5000円稼げない時には疑うべし!

トレンドアフィリエイトは稼ぎやすい。

ちょっとネットで検索すればすぐに分かる情報ですね。実際稼ぎやすいですし、私もネットビジネス初心者には全力でオススメする手法です。

 

でも、そんなトレンドアフィリエイトでも努力の割に成果が出ていない方が多い。

まず、あなたのブログが100記事書いて月5000円も儲からないなら今のやり方にメスを入れる必要があるでしょう。

それでは、どのように変えていけばいいのか?3つのポイントをお伝えします。

 

対策ポイント1:タイトルにキーワードを入れる

多くの場合は、これだけでかなり改善されます。

私のコンサル生やメルマガ読者のブログを見させてもらうと、上手く行っていないブログはほぼ100%記事タイトルにキーワードがほとんど入っていません。

 

「〇〇さんが結婚しました!おめでとうございます」

 

例えば、こんな感じ。

〇〇さんが芸能人だとして、このタイトルで入っているキーワードは『〇〇 結婚』これだけになります。

結婚というキーワードだけなら、結婚について報じた大手ニュースサイトと真っ向勝負となりますし、それではぜっっっったいにアクセスは集まらないです。

 

記事タイトルには、キーワードを5つ程度は入れる。それを意識してタイトルを考えるようにしてみて下さい。(もちろん、ただ羅列するのはダメですよ。日本語になるように考えていきましょう。)

 

対策ポイント2:ネタのピークを意識する

トレンドアフィリエイトで扱うネタには多くの場合ピークがあります。

特に爆発ネタと言われるものは特にシビアで、下手すれば数時間でネタ自体が終焉を迎える場合もあります。

 

例えば、テレビの特番について書いた記事があるとすれば、その特番の放送が終了したらほとんどアクセスが来ることはありません。この場合、ネタのピークは放送終了までとなるわけです。

 

「あなたが書いているネタのピークはいつですか?」

この質問に必ず答えられるようにしながら記事を増やして行ってみてください。

 

対策ポイント3:意識を変える

ここからはテクニックではなくマインド論になるのですが、記事を書く時には『稼ぐぞ思考』が強くなりすぎないようにしましょう。

もちろん、トレンドアフィリエイトはネットで自分が稼ぐためにやっているわけなので、稼ぐぞと頑張るのは当たり前。しかし、それが強すぎると本当に自分よがりな文章や内容になってしまいます。

結局、それがライバルサイトに比べ薄い記事になってしまいますし、自分が稼げればいいという思考ではリサーチに関しても、感想を入れるにしてもどこかで適当になってしまうものなんです。

 

では、どうするか?

それは、「読者のために、読者の役に立つために情報発信しているのだ」という意識を持つことです。

自分が発信する記事(情報)を読むことで、読者の悩みや疑問が解決する。それこそが大切なことですし、そのためにブログを運営しています。

この意識を持つだけで、読者の求めている情報を揃えられるようになってきますし、より分かりやすい文章になっていく。人の行動は、まず意識するところから変わって行かないと変われません。

だからこそ、読者のために書いているということを意識するところから始めて行きましょう。

 

まとめ

最後はかなり抽象的なアドバイスとなってしまいましたが、以上の3つのポイントを100記事書いても儲からない時は考えるようにして行きましょう。

今この文章も、私は読者が100記事書いて儲からないでもがく姿を想像しながら書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました