ネットビジネスのデメリットと稼げない問題点

ネットビジネスのデメリット

ネットビジネスのデメリット

ネットビジネスは素晴らしいメリットが沢山ありますが、「光有る所に影あり」ということで、影の部分もきちんとお話したいと思います。

ネットビジネス=怪しい

まずはこれです。

ネットビジネスと聞いて、「すごいね~」という反応はほぼありません。人は自分が理解できないものには冷たいものです。得体の知れないものにはむやみに近づきません。

ネットビジネスと一言で言われても、具体的にどのような活動をしてどんな価値を提供してお金を得ているのか分からないのです。

「魚屋=魚を売って利益を得る。」

このように、パパっとイメージすることができればイメージは大きく変わるでしょう。しかし、それができない得体の知れないビジネスがネットビジネスです。

一匹狼は社会に受け入れられにくい

ネットビジネスは基本的に一人で黙々と作業をこなし、稼ぐ仕組みを構築していきます。この過程も他人から見れば怪しい。

社会全般に言えることですが、一匹狼は受け入れられにくいですね。会社内でも一人でただ黙々と作業をこなしていたら、「あいつはいつも何やってるか分からない」と後ろ指を刺されることになります。

人と直接関わらずに、黙々とPCの前でキーボードを打つ。その姿そのものが一匹狼であり、得体が知れない存在というわけです。

大金を稼ぐ=詐欺?

ネットビジネスはしっかりした価値と仕組みを作り上げることができれば、大金を稼ぎだすことができます。100万単位もそこそこ、中には1000万単位で稼いでいる人もいます。

PCの前に佇んで1000万。

仕組みが理解できない人にとっては、あまりに想像できない世界です。そのため詐欺なんじゃないのか?と疑念を持たれる可能性もあります。

基本一人でコツコツと

何度か登場しましたが、ネットビジネスは基本的に孤独です。一人でやることを決め、一人で黙々と作業をこなし、仕組みと価値を作り出していきます。

人間は自分ひとりで自由気ままにやっていたら、ほぼ挫折します。

はじめは高かったモチベーションも下がり、その間に目に見える結果が出なければ、やらない理由を探し始めます。もっともらしい理由が見つかった時が止め時です。

手法がめまぐるしく変わる

インターネットの世界はめまぐるしく進化し続けています。毎年どんどん新たな仕組みやサービスが登場しますし、スパム対策などのルール改変も頻繁に行われます。報酬の見直しなどもそうです。

その激流に流されないように、正しい方法でリスクヘッジしながらビジネスを拡大していくことが求められます。

まとめ

いかがでしょうか?

ネットビジネスの影の部分を包み隠さず出し切ってみました。

メリットとデメリットの両方を見て、自分の今の現状と将来、夢などと照らしあわせて、ネットビジネスにチャレンジするかどうかの決断をしていただきたいと思います。

ちなみに、私には「メリット >>> デメリット」のように映りました。だから今本気でチャレンジしているというわけです。

デメリットに対する対処法はメルマガで随時ご紹介していきますので、一緒に克服して、ネットビジネスの大いなるメリットを堪能しましょう!

※この下の登録フォームからすぐに登録できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました