トレンドアフィリエイト記事タイトルのつけ方のルールや文字数は

flea-market-93960_640

 

トレンドサイトのアクセス数は、記事タイトルのキーワードでほとんど決まる

と言っても過言ではありません。

 

タイトル出来次第で、万単位のアクセスを集められますし、

逆にほとんどアクセスがこない記事が出来上がる恐れもあります。

 

トレンドサイトの記事タイトルのつけ方の本質を学んでいきましょう。

 

 

タイトルは32文字以内!今後25文字という話も

「タイトルは32文字以内にしてください!」

という話は聞いたことがあるかもしれません。

 

なぜ32文字なのか?

 

これは単純な話で、

Googleの検索結果に表示される文字数がそうだから。

 

検索結果に載らない部分はキーワードにならないですし、

ユーザーが見ても記事にアクセスするまで分からない。

 

ということで、32文字が推奨されています。

私もこれはかなり意識してトレンドサイトの記事を作っていきました。

 

しかし、状況は変わりつつあります。

 

Googleが今後は32文字ではなく25文字になるテストをしているとの情報も。

また、逆にタイトルは長い方がSEO的には良いという意見もあります。

 

ネットの世界は移り変わりが激しいですので、

このあたりのポイントは目まぐるしく変わっていきます。

 

なので、こういう細かいところは気にせず、

本質を見極めながら進めていくことを意識していってください。

 

これはトレンドサイトだけでなく、ネットビジネス全般にとっても

非常に重要なマインドとなるので、常に頭の片隅に置いておいて下さい。

 

 

で?タイトル決めについての本質とは?

google-76659_640

トレンドサイトのタイトル決めに関する”本質”とは何でしょう?

 

まず、Googleは何のために日々改善を繰り返すのか?

ここに着目してみましょう。

 

Googleの使命は何でしょう?一言で言うとこうです。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

概要 | Google
Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。このサイトでは、Google の沿革やプロダクトなどをご紹介します。

 

要は、検索結果が分かりやすいように試行錯誤を繰り返しているわけです。

これが、検索結果に関する本質ではないでしょうか?

 

 

タイトル左側に行くほど強い

現時点でも検索結果に表示されるタイトルは、

はじめの方、つまり左側に行くほど重要視されています。

 

これは今後は変わっていくのでしょうか?

 

先ほどの「検索結果が分かりやすい」という観点で考えてみてください。

 

求めているキーワードがタイトルのはじめの方にあるほうが、

求めている情報に近い可能性が高い。

 

これは、日本語が左から読む以上変わらないことですね。

 

ということで、このポイントは先ほどの文字数よりも

かなり重要なポイントというわけです。

 

 

記事タイトル左側にビッグワード、より狙いたいキーワードを入れよう!

できるだけ、記事タイトルのはじめ(左側)にビッグワードを入れるようにして下さい。

そうすることで、サイトが強くなって来た時に有利になります。

 

たとえば、

「ワールドカップ2014決勝!ドイツ対アルゼンチンの対戦成績は?」

というタイトルの記事を書いたとしましょう。

 

はじめはサイトが弱いので、

「ワールドカップ」

というビッグワードでは全くアクセスは集まりません。

 

「ワールドカップ 2014」

でも厳しいでしょう。

 

「ワールドカップ 2014 決勝 ドイツ アルゼンチン 対戦成績」

これくらいでやっと上位に来れる程度でしょう。

 

しかし、サイトが強くなるにつれて

「ワールドカップ 2014」

「ワールドカップ 決勝」

などでもアクセスが集まってくるようになりますし、最後には

 

「ワールドカップ」

 

というビッグワードでも集められるようになる可能性もあります。

※実際、ワールドカップで集めるのは相当至難ですが…

 

そうなると、もの凄い数のアクセスが来るようになるのは想像できると思います。

 

しかし、タイトルの左端に「ワールドカップ」というビッグワードがなければ、

こういうことが起きる可能性がなくなってしまうのです。

 

なので、必ず記事のはじめの方に意識してビッグワードを入れるようにしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました