モバイルSEO:モバイルユーザーを適切に導く

iphone-keitai

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎を学習する。

今回は「携帯ユーザーを適切に誘導しよう」についてのアウトプットです。

ネットビジネス的に、ココはそこまで関係しないかも

これから話す内容は、デスクトップ版のサイトと

モバイル向けサイトの両方を運営する方が対象になります。

ネットビジネスで、アフィリエイトや

情報発信をやっている場合はそう関係しないでしょう。

個人でデスクトップ用サイトと携帯用サイトの

両方を運営する状況は少ないでしょうから。

あまり関係ないと思った方は、読み飛ばして頂いて構いません。

デスクトップ版サイトにモバイルからアクセスがあった場合の対応

デスクトップ版とモバイル版、二つのサイトを運営する場合、

アクセス元がPCか携帯かスマホかによって接続先のサイトを

振り分ける必要がありますが、うまくいかない場合があるでしょう。

そういう時は、リダイレクトを利用するようGoogleは推奨しています。

例えば、携帯からデスクトップ版サイトへアクセスがあった場合、

モバイル版サイトへリダイレクトし、ユーザーを正しく誘導するようにします。

Google曰く、デスクトップ版→モバイル版へのリダイレクトは必要ですが、

モバイル版→デスクトップ版へのリダイレクトは不要。

デスクトップ版へのリダイレクトの代わりに、画面下にリンクは張ると良いとのこと。

クローキングに注意

クローキングとは、ユーザーと検索エンジンに対して別々のサイトを見せること。

スパム行為やハッキングなどに用いられる手法です。

簡単に言ったら詐欺ですね。

Googleはクローキングに対し、相当厳しく取り締まっています。

デスクトップ版サイトとモバイル版サイトをクローラーに正しく

伝えないとクローキング扱いとなる可能性がありますので注意しましょう。

デスクトップ版のクローラーは「Googlebot」、

モバイル版のクローラーは「Googlebot-Mobile」と

明確に分けられていますので理解した上で誘導する必要があります。

ここまで書いておきながら…

スターターガイドが公開されたのが2010年。

それから4年が経っています。

IT業界で4年といえば、相当な時間です。

スマートフォンの性能も上がり、タブレットも出現しました。

PCとモバイルの区別があまりつかない状況になっています。

ここで述べたことはすでに時代遅れなのかもしれません。

ただ、根本的なところは変わらないはず。

ユーザーに紛らわしいアクセスをさせない。

検索エンジンを混乱させない。

ユーザーにも検索エンジンにもやさしいサイト作りをする。

この根本はこれからも変わることはないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました