クローラー対策:nofollowタグの効果と書き方

nofollow-link

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎学習をしていきます。

今回は「リンクにnofollow属性を活用しよう」についてのアウトプットです。

nofollowとは?

nofollowタグとは、自分のサイトから他サイトのリンクを貼る際に

自サイトのパワーを送らないようにするものです。

パワーというのは信用度のこと。

Googleにはページランクという評価制度があります。

サイトの質に応じてランキング分けされ、ページランクが高い程、

高品質で信用度が高いと評価されます。

nofollowはその評価をリンク先のサイトに渡さないための手段です。

nofollow属性の書き方

nofollow属性は、外部サイトへのリンクを貼る際に埋め込みます。

具体的な記述方法は以下の通りです。

<a href="リンク先" rel="nofollow">リンク先のサイト紹介</a>

これでリンク先のサイトにはパワーを送りません。

リンク先がスパムサイトだと自分のサイトも評価が下がる

リンク先のサイトが、Googleが低品質なサイトと

位置付けているスパムサイトのようなものだった場合、

自分のサイトの評価まで下げられてしまいます。

※これはスターターガイドにもしっかり明記されています。

ここはしっかり覚えておきましょう。

あまり信用のおけない、得体の知れないサイトは

むやみにリンクを張らない方が良いです。

そのようなサイトへのリンクは

最低でもnofollow属性をつけるようにします。

リンクを友達紹介だと考えればイメージしやすいでしょうか。

あまり信用の置けない人をむやみやたらに

自分の家族や友人に紹介することはありませんよね。

それと同じです。

「SEOは小さな対策の積み重ねである。」

Googleもこのように明言しています。

nofollow属性についても、

小さなことですが知ると知らないでは大違いです。

少々難しく感じることでも、毛嫌いせずに

こういうポイントはしっかり頭に置いておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました