Google推奨のホワイトハットSEOとは?ブラックハットとの違い

ホワイトハットSEO

ホワイトハットSEO」という言葉を目にしました。一体どんなものなのでしょうか?それとは対局をなす「ブラックハットSEO」と合わせて調査してみます。

ウェブマスター向け公式ブログに説明されていましたので、それを参考に紐解いていきましょう。

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハット SEO(ウェブマスター向けガイドラインに違反しない SEO)は多くの場合、サイトの使い勝手の改善や、素晴らしいコンテンツ作成の助長、サイト表示の高速化など、ユーザーと検索エンジンの両方に良い効果をもたらします。また、優れた検索エンジン最適化はマーケティング的視点でも見ても非常に有効であることが多いのではないでしょうか。サイトをより魅力的にするような方法、工夫を考えることは検索エンジンにも、ソーシャルメディアにも非常に有効です。良質なサイトを制作することは、しばしばウェブ上のサイトの評判を向上させ、その結果より多くのサイトからのリンクの獲得や、多くのユーザーのサイト訪問をもたらすでしょう。

ご覧の通り、ホワイトハットSEOとは一言で言うとウェブマスター向けガイドラインに違反しない方法で検索エンジン上位表示をねらったSEOのことです。

Googleのガイドラインに従い検索エンジンとユーザー双方へのサービス向上を目指せば逸脱することはないでしょう。

より具体的なホワイトハットSEOの施策は「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を基本にして考えることをおススメします。

一方、ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEO

“ホワイトハット” SEO の反対は “ブラックハット SEO” や “ウェブスパム” と呼ばれるものです。(メールのスパムと区別するために、”ウェブスパム” と呼んでいます)。掲載順位を上げることやトラフィックを増やすことを追求する中で、まったくユーザーのためにならない裏技や抜け道のような手法を使用してそのサイトに本来適切な掲載順位より高い掲載順位を得ようとしているようなサイトのことです。

一方、ブラックハットSEOは簡単に言うとスパム行為です。

自作自演の被リンクや、検索エンジンを勘違いさせるための裏ワザ、ユーザーをだますようなサイト構成などがそれにあたります。簡単に言うと、私利私欲のためにユーザーや検索エンジンを騙す行為です。

Google推奨は間違いなくホワイトハットSEO

ウェブマスターのみなさんにお伝えしたいことは、ユーザーにとって利便性の高い 良質なサイトを作ること(英語)に専念し、ウェブスパムを駆使することなく “ホワイトハット” SEO を心がけてください、ということです。

公式ブログでこのように述べていることからも分かるように、明らかにホワイトハットSEOをGoogleは推奨しています。

ブログにもありますが、ブラックハットSEOをやっているサイトには評価を下げるペナルティー制度が設けられています。今後もその流れは変わらずに検出精度が上がり、どんどん淘汰されていくことでしょう。そのための投資は惜しまないと思います。

生き残っていくためには、地道にホワイトハットSEOを続け、ユーザーに高い価値を提供し、SNSなどを通じて拡散されていく。そんなサイト運営が求められます。まあ、当たり前のことなんですが。

まとめ

  • ホワイトハットSEOとは、検索エンジンやユーザーにとって分かりやすい施策を講じること
  • ブラックハットSEOとは、検索エンジンやユーザーの裏をかいて不正に上位表示を果たすスパム行為のこと
  • Google推奨はもちろんホワイトハットSEO
  • 今後もこの流れは変わらず、より厳しくなる一方である

コメント

タイトルとURLをコピーしました