Google検索エンジン結果順位決定の仕組みがよく分かる動画発見!元SE的に噛み砕いてみた

 

Googleの検索エンジンがどのようにして

検索結果を導き出しているのかご存知でしょうか?

Googleがその仕組みを分かりやすく説明してくれていますので、

それを参考にしながらお話ししていきたいと思います。

まず、元となる動画がこれです。

Google検索の仕組み

この動画の翻訳を以下にテキスト化しました。

では、早速順番に見ていきましょう。

インデックスサーバーの役割

実はGoogle検索が行われるとき、ユーザーはウェブを検索しているのではなくGoogleが持つウェブのインデックス、つまり、Googleがウェブ上で見つけることができたものの中から検索をしているのです。

これは、インデックスサーバーと呼ばれています。

私もSE時代に社内システムとしてGoogleの

インデックスサーバ導入を検討したことがありました。

当時は色々と細かい話を聞くことができたのですが、

もう忘れてしまいましたし、取りあえずここでは、

検索結果はGoogle所有のインデックスサーバー内のデータが表示されている

と覚えておくと良いでしょう。

クローラーはリンクをたどってやってくる

ウェブ上から情報を集めるとき、スパイダーというプログラムが使われています。スパイダーは最初にいくつかのウェブページの情報を取得し、次にそれらのページのリンクからリンク先のページの情報を取得します。そしてさらにそのページのリンク先のページを辿り情報を取得していき、これを繰り返します。こうしてとても大きなウェブの塊をインデックスします。数十億ものWEBページは何千ものマシンに保存されています。

これは、よく言われている”クローラー”というものですね。

クローラーがウェブページからウェブページへリンクをたどりながら、

インデックスサーバにデータをどんどん蓄積していくわけです。

ただし、このクローラーは情報を少しずつしか取得しないようです。

一度来たら、ページ内の全内容をインデックスサーバーへ

登録するわけではないということですね。

SEOのお話でよく”被リンク”の話が出てきますが、

クローラーがリンクをたどってサイトを訪れる仕組みが分かれば、

その重要度がイメージしやすいかと思います。

余談ですが、「インデックスサーバーが何千台もある」という話は

元SEの私的には相当なインパクトがあります。管理が大変だろうなぁ。

例えば、チーターの走る速さを知りたいとします。「チーター 走る 速さ」と検索ボックスに入力して実行すると、 Googleのソフトウェアはインデックスを検索してこれらの検索クエリを含む全てのページを探します。この場合、何十万ものページが該当するかもしれません。

これは検索結果のトップページに数字が表示されていますね。

 

何十万件というか、何百万件のレベル。

これを0.13秒で結果を返すのですから。凄い仕組みです。

インデックスサーバーへの保存方法や結果表示までの

アルゴリズム(計算方法の仕組み)がしっかり最適化されて

いるからこそ実現できるのでしょう。

検索結果の判断基準

では、Googleはどうやってユーザーが本当に求めているページがどれかを判断しているのでしょうか。Google では200以上の「問い」を立てて、そこから判断をしています。

ここで言う「200以上の問い」がアルゴリズムですね。

この「200個以上の問い」の中身は次に少し言及されています。

たとえばキーワードがそのページに何回含まれているか、そのキーワードはタイトルに現れているのか、それともURLか、またキーワード同士隣接して現れるのか、キーワードの類義語が含まれているか、そのページを所有するウェブサイトの品質は高いか、低いか、スパムかどうか、ページランクはどれぐらいか、などの問いを立てて各ページを評価しています。

一般的にSEO対策で言及されているような項目が並んでいます。

これだけでものすごく参考になりますが、

もう少し具体的に公開されている情報をまとめましたので

そちらも参考にしてみて下さい。

Google社内資料から学ぶSEO基礎

更に、その200以上の中身が気になる!

という方はバズ部さんが解説してくれています。

中身は年々入れ替わりが激しいようなので、

あくまで参考程度にチェックしてみて下さい。

ちなみにPageRankとはGoogleの創立者Larry pageとSergey Brinが発明したアルゴリズムで、どれぐらいを多くの、そしてそれぐらい重要な外部からのリンクが存在するかによって各サイトを評価する仕組みです。

検索結果にはやはり、PageRankも影響しています。

そしてPageRankに大きく影響しているのは、

やはり外部からの被リンクということがこの一文から分かります。

本ブログもPageRank3を目指して頑張ります。

検索結果の順位は総合得点で決まる

最終的に私たちはこれら全ての要因を組み合わせて、各ページの総合得点を算出して検索結果をユーザーに返します。その間わずか0.5秒ほどです。

きちんと数値化されて検索結果の順位が決まっていることが

分かったのは個人的には収穫でした。

SEO対策は小さなことをコツコツと積み上げた結果、

大きな力となることがよく分りました。

200個以上の評価項目全ては分かりませんし無理ですが、

分かっている範囲で着実に少しずつ最適化することが重要です。

そうすれば、結果的にライバルとの差を大きく広げられることでしょう。

※なお、こちらで引用させていただいた文書は動画の一部抜粋です。

念のため、動画の方もチェックしておいて下さいね。

まとめ

SEOについては本当に様々な情報が飛び交っていて、正解が全く見えません。

情報が多すぎると人は何も判断できませんし、結局何も行動出来ずに終わってしまいます。

そういう時は本丸に聞く。

検索エンジンを作って動かしているGoogleが何を考え、狙っているのか?

そこを理解してからSEO対策についての情報をインプットすると、

大きな間違いや遠回りすることは無いと思います。

「ブログを運営する以上、上位表示されてアクセスを沢山増やしたい。」

私もそうですし、ここまで読んでいただいた読者の方もそうでしょう。

是非、この記事がSEO対策の出発点となりますように。

大切なそのブログ、知らないことで稼がせる機会を逃しているかもしれません…

SEOを学んで、ブログにアクセスが集まった!

それで満足するのは勿体ないと思いませんか?

せっかくブログで情報発信する以上、それが仕事になれば最高ですし、

そこまで行かなくてもお小遣い稼ぎになればモチベーションUPにつながり、

より洗練された質の高い情報を発信できるようになると思います。

SEOとともに、集客出来たブログに稼いでもらう方法。

ネットビジネスでお金を稼ぐ方法についてメルマガの中で情報発信していきます。

無料で登録できて、メルマガ配信の解除はクリックひとつでいつでもできますので、

ぜひ気軽に登録してみてください↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました