サイト分析:ウェブマスターツールやGoogleAnalyticsの機能とは

google-76518_640

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎を学習する。

いよいよ最終回の今回は「便利なツールを活用しよう」についてアウトプット。

ウェブマスターツールを上手に活用する

ウェブマスターツールをご存知でしょうか?

これはサイト運営をビジネスとして行う場合には

必須アイテムと言っても過言ではありません。

一体どんなことができるのか?

スターターガイドから抜粋してみます。

ウェブマスターツールでできること

●Googlebotにクロールされる際、サイトのどこに問題が生じたのかを確認する
●XMLサイトマップをアップロードする
●robots.txtを作成、分析する
●GooglebotにすでにクロールされているURLを削除する
●優先したいドメインを指定する
●titleタグとdescriptionメタタグの問題を特定する
●サイトに訪問したユーザーが使った上位の検索キーワードがわかる
●クリックされていないがインプレッションはある検索キーワードがわかる
●Googlebotがサイトのページをどのように見ているかに関する情報を得る
●Googleの検索結果にサイトリンクが表示されている場合、不要なサイトリンクを削除する
●サイトがGoogleの品質に関するガイドラインに違反しているという通知を受け取る
●品質に関するガイドラインに違反している点を修正後、サイトの再審査をリクエストする

クローラーに対する対策やGoogleとのやりとり、エラーチェック、

アクセス分析など実に多彩な機能を持っています。

これが無料で使えるのですから、使わない手はないですね。

ただ、操作性があまり良くなく直感的には分かりにくいというデメリットがあります。

それで毛嫌いしている人も多いかもしれません。

しかし、毛嫌いしてばかりでは大きな損をしてしまいます。

ウェブマスターツールでしかできないこともありますし、

エラー情報など大切なデータに気付くことができる貴重な手段です。

いつまでもアクセスが増えてこない。

何をやってもダメ。

そんな時、ウェブマスターツールを見てみると、エラーが出ていた。

これはよく聞く話です。

ネットビジネスをやるなら必ず導入しましょう!

ウェブマスターツールの登録方法

GoogleAnalyticsとウェブサイトオプティマイザー

ウェブマスターツールで多少のアクセス解析はできますが、

より高度なアクセス解析が必要となるケースは多いです。

Googleはウェブマスターツールの他にも「Google Analytics」と

「ウェブサイトオプティマイザー」というツールを用意しています。

こちらもできることをスターターガイドから抜粋してみましょう。

「Google Analytics」と「ウェブサイトオプティマイザー」でできること

●ユーザーがどのようにあなたのサイトへたどり着き、サイト内でどのような行動を取ったかを知る
●サイト内で、もっとも人気のあるコンテンツを知る
●サイトの最適化がもたらす効果を測定する
※例えば、titleタグやdescriptionメタタグに加えた変更によって検索エンジンからのトラフィックは改善されたか?

私は「ウェブサイトオプティマイザー」はまだ使っていませんが、

「Google Analytics」はよく利用します。

リアルタイムアクセスチェックや、どのページからどこへユーザーが遷移したか?

どこで離脱したか?確認できるので重宝しています。

サイトの効率化、最適化を進める上で現状を正しく分析することは非常に大切です。

これらのツールを使い、どんどん自分のサイトを良いものに変えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました