コンテンツの話:見出しタグの使い方

newspaper-midashi

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎学習を。

今回は「見出しタグを適切に使おう」について、アウトプットしていきます。

見出しタグには6種類

見出しタグは全部で6種類あります。

<h1>が一番大きく、次に<h2>、<h3>…<h6>と小さくなります。

WordPressだと、こんな感じです。

midashi

見出しタグで囲まれた部分が大きく太字となります。

本記事での「見出しタグには6種類」が見出しです。

見出しがあればユーザーが見やすい

見出しがあれば文章に強弱が生まれ、読みやすいですね。

見出しだけざっと見て、どんな内容か斜め読みすることもできます。

見出しのデザインでサイトの印象も

全く変わりますので個性を出す上でも使えます。

見出しを上手に使って、ユーザーが読みやすく、

飽きさせないサイト作りを意識していきたいですね。

見出しを決めれば書き手も書きやすい

見出しは、書き手にも良い影響を及ぼします。

「何を書くか?」

まず見出しから考えると、伝えたいことがブレずに済みます。

後は、見出しに関するの内容を肉付けしていけば、記事が完成です。

文章を書いていて、うまく伝えたいことがまとまらない時などは、

見出しを考えることから始めてみると良いでしょう。

むやみには使わない

文字が大きく強調されるため、太文字感覚で使っている方もいるかもしれません。

また、デザイン性を重視して利用する場合もあるでしょう。

Googleはこれについては非推奨です。

不適切な部分で乱用しないよう注意です。

しっかりとコンテンツの重要度に応じて

見出しを使い分けるようにしましょう。

見出しを使うときは、目次を作る感覚です。

使い方は大→小!順番を意識する

最後に、もうひとつポイントを。

それは見出しタグの順番を不規則にはしないことです。

たとえば、

<h3>

<h2>

<h3>

<h5>

このような使い方です。

ユーザーにも検索エンジンにとっても分かりにくく、

不親切なサイトと判断されます。

タグの順番は規則正しく使うようにしましょう。

<h3>

<h4>

<h3>

<h4>

<h5>

コメント

  1. 戸田紳一 より:

    みそごろうさん。

    はじめまして、田舎暮らし、アフィリエイト・・・・。

    いろいろな方がそれぞれの人生に挑んでいるという感動が伝わってきました。

    人生は自己責任と言いますが、・・・素敵だと思います。

    運命だったのかもしれませんが、決断し、行動されたことに敬意を感じます。

    応援させていただきますし、今後とも

    よろしくお願いいたします。

    • misogoro より:

      戸田さん、はじめまして!

      応援コメントありがとうございます。
      ブログ更新の励みになります!感謝です!

      こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました