コンテンツの話:画像最適化!alt属性の使い方とは

gazou-picture

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎学習。

今回は「画像の利用を最適化しよう」について、アウトプットしていきます。

画像につけられるalt属性とは

画像を埋め込む際に、alt属性を指定することができます。

これは代替テキストと言われています。

何かの不具合で画像をうまく表示できない場合、

そこにどんな画像が表示されるはずだったのかを

alt属性で指定したテキストが代わりに表示されます。

画像に説明文をつけるようなイメージです。

使い方はこのような感じ。

<img src="画像ファイルのURL" alt="ここがalt属性">

画像使ったリンクは多用無用

alt属性はユーザーから見えないため、

以前はスパム行為として利用されていたようです。

Googleは、画像を使ったリンクの多用は推奨しないと明言しています。

これは覚えておくとよいでしょう。

テキストリンクで済むものは画像を使わないようにしましょう。

alt属性のメリット

alt属性が埋め込まれた画像は、検索エンジンに認識され、

GoogleやYahoo!などが提供する画像検索の検索結果として表示されます。

最近ではこの画像検索を使う人が多く、

ここからのアクセスも無視できないものとなっています。

サイトに画像を貼り付ける際には、是非、alt属性を入れるようにしましょう。

画像の保管場所は一箇所にまとめる

サイトに掲載する画像の保管場所は、一箇所にまとめることを

Googleは推奨しています。画像のURLが簡潔になるからです。

ちなみに、画像のファイル形式をJPEG、GIF、PNG、BMPであれば

ほとんどのブラウザでサポートされています。

alt属性を付ける時のポイント

「内容を的確に捉え、簡潔に」

これがalt属性を付ける時のポイントです。

具体的に何文字までとかの基準はありません。

できるだけ短く、簡潔にまとめましょう。

ここにキーワードを詰め込むのはスパム扱いされますので絶対にやめましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました