コンテンツの話:適切なアンカーテキストとは

anchor_text

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎を学ぶ。

今回は「適切なアンカーテキストを書こう」について、私なりにアウトプットします。

アンカーテキストとは

アンカーテキストとは、リンクを説明しているテキストです。

HTML記述で言うところの<a></a>タグで囲まれた部分です。

本コンテンツ冒頭にリンクがありますが、それで例えると

「Google検索エンジン最適化スターターガイド」

これが、アンカーテキストとなります。

anchor_text例

アンカーテキストの内容は”わかりやすい”が大切

リンクの先に何があるのか?

ユーザーはもちろん、検索エンジンにも分かりやすくする必要があります。

アンカーテキストとリンク先の内容が合っていないことは論外。

「ここをクリック」など、ただクリックを促すだけの抽象的な表現もNGです。

せっかくクリックしたのに、イメージしていた内容と全く違ったものだった。

そうなると、ユーザーは二度とサイトには来てくれないでしょう。

短く簡潔に

単語数個程度の短いアンカーテキストをGoogleは推奨しています。

これは勉強になりますね。

長いタイトル記事へのリンクは簡潔にまとめた方がいいかもしれません。

リンクだと一瞬で分かる見せ方

見せ方にも分かりやすさが必要です。

一般的には青色でアンダーラインが引かれたスタイルです。

ほとんどのユーザーは、これでリンクだと

認識するので素直に従ったほうが良いでしょう。

特にデザインに凝ったサイトの場合、色合いや装飾など

オリジナリティを出すことに注力しすぎて、

リンクが分かりにくくならないように注意しましょう。

逆に、リンクだと全く分からないような

通常テキストと同じの書式にするのもやめましょう。

ユーザーに分かりやすくすれば検索エンジンでも分かりやすい

リンク先の内容に即した、簡潔なアンカーテキスト。

リンクだとすぐに分かる標準的な書式。

ユーザーにやさしい、分かりやすいを心がければ、

結果検索エンジンに取っても、良いアンカーテキストになる。

スターターガイドを読んでいて、そう感じました。

とにかく簡潔に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました