コンテンツの話:質の高い記事を提供せよ

quality

本コンテンツでは「Google検索エンジン最適化スターターガイド」で解説されている

「質の高いコンテンツを提供しよう」について、私なりのアウトプットをしていきます。

Googleは口コミをかなり重要視している

SNSなどによる口コミでの拡散は、SEO強化に多大な

影響を与えることは皆さんよくご存知でしょう。

特に、はてなブックマークなどで大きな拡散が起こった後、

相当なアクセスの底上げになることは様々なサイトで紹介されています。

魅力的なサイトは自然に拡散される。

自然な口コミによる拡散が、ユーザーとGoogleの当該サイトへの評価を高める。

これは、スターターガイドにもしっかり明言されています。

他サイトとの差別化を強調

ユーザーの検索行動や属性(どのくらいの知識レベルか)を想定し、

検索してきたユーザーが求めるレベルと言葉でコンテンツを用意する。

このようなサイトが、ユーザーにとって有益で

価値あるサイトであるとGoogle は考えています。

アフィリエイトにおいても「相手の言葉で話す」ことは

常に意識するポイントとして挙げられます。

ユーザーは検索エンジンに問い合わせているのです。

サイト運営者はその答えを記事にすることに価値があり、

結果、ユーザーの満足度が上がります。

さらに、他サイトにはないサービスや情報、

専門知識を提供することを常に心がけること。

Googleは、独自性や専門性を質が高いとみなします。

その他のポイント

その他、スターターガイドで挙げられていたポイントは以下の通りです。

  • 読みやすい文章を提供する
  • テキストを画像に埋め込まない(検索エンジンは画像内の文字は認識しない)
  • 段落分けや項目分けをきちんと行う
  • サイト内外問わず、重複コンテンツは避ける
  • 検索エンジンにのみ識別できるテキストなどを挿入しない

テキストに画像を埋め込まないのは、

ユーザーがコピー&ペーストすることを想定しています。

ユーザーにはコピ&ペーストを自由にできる環境を提供する。

これは有用だとGoogleが判断している証拠です。

サイト運営者にとって、コピーコンテンツは完全に悪です。

そのため右クリックできない仕組みを導入している

サイトもありますが、SEO的にはマイナスになるのかもしれません。

少し気になったので言及しておきます。

最後に個人的意見を一つ

最近、WEBサーフィンをしていると誤字や脱字が目立ちます。

個人ブログはもちろんのこと、Yahoo!などの大手サイトでも見受けられます。

個人的にこれを見るとものすごく残念です。

私のサイトでも誤字脱字はあるかもしれませんが、

公開する前に2、3回、自分で読み直すことを欠かさずやっています。

このほんの少しの手間でも、多くのサイトとの差別化ができるでしょう。

根本にあるのは

ユーザーに正しく有益な情報を提供したい

これに尽きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました