SEO基礎:ページタイトルはtitleタグで指定する

wordpress_newpost_title

Google検索エンジン最適化スターターガイド」でSEOの基礎を学ぶ。

最初の項目は「適切なページタイトルを付けよう」です。

該当項目を読んで、私なりにアウトプットしていきます。

ページタイトルはtitleタグで認識する

ページのタイトルはtitleタグで指定します。

<head>

<title>タイトル名</title>

(中略)

</head>

このように、titleタグで挟まれた部分が

検索エンジンにページタイトルとして認識されます。

ブログの場合は、記事作成する際にタイトル入力欄があり、

そこに記載すれば問題ないので特に意識する必要は無いですね。

ただ、この仕組みは知っておくとよいでしょう。

SEOチェキ という無料SEOツールがあります。

ここにページのURLを入力すると、titleが検索エンジンに

どのように認識されているのか確認することができます。

seoチェキ!image

検索結果はページタイトルがメイン

すでにご存知だと思いますが。改めて。

検索結果はページタイトルが一番最初に表示され、文字も大きいです。

ほとんどの人がページタイトルを見て、

サイトを訪問するかどうか?判断していることでしょう。

Search_result_image

検索キーワードと合致した部分は太字で表現され、

検索内容との関連性が分かるようになっています。

キャッチーなタイトルだと思わずクリックしてしまいますね。

ページタイトルはかなり重要

既出の通り、検索結果の中心はページタイトルです。

いわば、お客様が最初に見る看板。

第一印象を大きく左右する、SEO的には最重要ポイントの一つと言っていいでしょう。

実際、トレンドアフィリエイトを行う上でも、タイトルに組み込む

キーワードがほとんど全てと言っていいくらいです。

ページタイトルの文字数は?

スターターガイドでは、短くて内容が伝わりやすい

タイトル付けをポイントとして挙げています。

具体的な文字数には触れられていませんが、

長すぎるタイトルは検索結果から省略されます。

32文字推奨と巷では言われていますが、25文字に見直されるという噂もあります。

今後も推奨文字数は変わっていくことでしょう。

ここで大切なことは、Google が短くて内容が

伝わりやすいタイトルを推奨していることです。

この部分は今後も変わりません。

文字数いう”数字”にとらわれず、できるだけ簡潔に記事内容を説明する。

常にここを意識してタイトル付けしていきたいと思います。

検索エンジン目線とユーザー目線の違いから来る思考

検索エンジンに広く認識してもらうためにはキーワードを詰め込んだほうがいい。

キーワードを詰め込んだだけのタイトルはユーザー目線では親切とは言えない。

どちらを意識してタイトル付けするかで戦略が全く異なります。

スターターガイドを踏まえると、どちらが正しいでしょう?

もう、おわかりですね。

答えは後者です。

検索エンジンのためでなく、ユーザーのためにタイトルをつけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました