Googleハネムーンとその逆のエイジングフィルターとは

グーグルハネムーンとエイジングフィルタ

Googleハネムーンとは

Googleハネムーンとは、新しく作ったサイトが検索結果上位に表示される現象です。

通常ではありえないほどの上位に表示され、アクセスが集まります。

Googleから特別待遇を受けている状況ですね。

Googleハネムーンの期間は、1ヶ月程度という

話が多いですが最近は短くなる傾向があるようです。

インターネット上に公開される情報は年々増え続けていますので、

そのあたりの背景も関係あるのかもしれません。

流通している情報量が圧倒的に増えている

エイジングフィルターとは

エイジングフィルターとはGoogleハネムーンの逆の現象です。

検索結果の圏外に飛ばされるか、それに近いような下位表示にされてしまいます。

要は、本来持つサイトの実力以下に評価されてしまう状態となります。

そのため、もちろんアクセスは集まりません。

こちらの期間はGoogleハネムーンよりもずっと長く、3ヶ月から半年と言われています。

どちらも全てのサイトに適用されるわけではない

Googleハネムーンもエイジングフィルターも新しく作られた

全てのサイトに適用されるわけではないようです。

どのようにして選考されるのか?

どのようにして期間が決定されるのか?

これは分かりません。

適用されたという通知もGoogleからあるわけではありません。

エイジングフィルターは本当に存在するのか?

Googleハネムーンは分かりやすいですが、エイジングフィルターの傾向は掴みにくいです。

様々なブロガーが、自身の経験から分析していますが、いろいろな状況があるようです。

ただ単にGoogleハネムーンが終了しただけで、

エイジングフィルタにかかったと考える人もいるでしょう。

かかってないかもしれないし、かかってるかもしれません。

エイジングフィルター自体が存在しないかもしれません。

この仕組みの存在意義とは

「自分がGoogleなら?」

この観点で二つの仕組みについて考えてみます。

まずは、Googleハネムーン。

こちらはあると思いますし、意義があると思います。

検索エンジンの仕組みから考えて、新規サイトは上位表示させることが相当難しいです。

新興サイトに付け入る隙がなければ、情報の活性化が起きません。

そのために考えられた仕組みがGoogleハネムーンだと思います。

新興サイトを一定期間あえて上位に表示してみる。

そこでの反応を見て、有益な情報か否か判断する。

あまり反応がなく、有益ではないと判断できるのであれば、

適性評価もしくはそれ以下に補正する。

NAVER まとめでも同じような現象が見られます。

新しく作ったまとめが一定期間優遇されているようです。

その間のビュー数やお気に入り、TwitterやFacebook等SNSでの拡散状況を見て、

評価を維持するか下げるか判断しているようです。

Googleハネムーンは情報の活性化において無くてはならない仕組みだと考えています。

一方、エイジングフィルターは正直よく分りません。

あえて評価を下げているとするならば、それはペナルティーと同じです。

Googleにとって必要な制度なのでしょうか?

私はGoogleハネムーン後の評価のされ方によって

エイジングフィルターにかかっているように見えているのだと思います。

もし、「これは明らかなエイジングフィルターだ!」という

経験をされた方は、タレコミお待ちしております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました