「Broken Link Checker」はリンク切れエラーチェックプラグイン!ただし重いかも

ea38f20a57a623e9323df706063cf34a_s

 

詳しくはこちらを見てください! →リンク

リンクをクリックしてみると、「ページは存在しません」。

 

これは、悲しいですね。

何だかハズレくじを引いたみたいで、悲しい気持ちになります。

 

ブログの管理者である以上、せっかくサイトに訪れてくれた読者に

こんな思いをさせたくはないですよね。

 

Broken Link Checker」をご存じでしょうか?

 

WordPressのプラグインで、サイトのリンク切れを随時監視。

エラーを発見した場合は通知してくれる、優れもののプラグインです。

 

ちなみに、WordPress以外のブログの場合はこちらを参照してみてください。

リンクチェッカー無料ブログのチェックにおすすめ!使い方とは

 

 

「Broken Link Checker」のインストール・設定方法

 

ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

screenshot_20141014_180938

 

画面右上の検索フィールドに、Broken Link Checkerと入力します。

screenshot_20141014_181024

 

検索結果に表れますので、「今すぐインストール」ボタンを押してください。

screenshot_20141014_181202

 

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」を選択します。

screenshot_20141014_181225

 

以上でインストールは完了です。

screenshot_20141014_181245

 

次に設定を確認していきます。

一般タブは、初期設定のままで特に問題ありません。

screenshot_20141014_181832

 

以降のタブについても、基本的には初期設定のままで問題ないと思います。

 

 

リンク切れの確認方法

 

ダッシュボードの「ツール」→「リンクエラーをチェック」を選択します。

screenshot_20141014_184023

 

リンク切れが存在するかどうか確認することができます。

screenshot_20141014_184119

 

 

リンクエラーが存在する場合は、こちらで該当部分を

確認することができますので、随時対処するようにしましょう。

 

 

リンクが切れたものに打ち消し線を自動で入れてくれます

 

screenshot_20141014_183018

「Broken Link Checker」は初期設定の状態でリンク切れに対し、

自動的に打ち消し線を入れてくれるようなっています。

 

これはユーザーにとっても、管理者にとっても便利な機能ですね。

すぐにリンク切れの対応ができなくても、

ユーザビリティーの低下を最小限にすることができます。

 

 

ただし重いという話も…

 

「Broken Link Checker」にもデメリットはあります。

 

定期的にブログ内を巡回し、リンク切れのチェックを行うため、

ブログのレスポンスが遅くなる事例が確認されているようです。

 

プラグイン導入後、自分のブログのレスポンスを確認するようにしましょう。

 

「Broken Link Checker」が原因でサイトが重いかどうか確認する方法は、

以下のサイトを確認してみてください。

WordPressをもっさり重くさせているプラグインはどれだ?P3(Plugin Performance Profiler)でパフォーマンスを悪化させているプラグインを探り出そう!

WordPress の重いプラグインを簡単に調べれる P3 – Plugin Performance Profiler

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました