G AnalyticsプロファイルID等設定方法と ログイン失敗時の対処法

settings-265131_640

 

Google Analyticsはアクセス解析をするには便利なのですが、わざわざ

ログインするのが面倒くさいし、毎日のこととなると時間ももったいない。

 

そう思っていたところ、「G Analytics」というプラグインの存在を知りました。

 

毎日チェックしたい基本的なデータがWordPressの管理画面から直接チェックできます。

screenshot_20141009_213452

「G Analytics」は便利なんですが、インストール設定が少しあります。

つまずきやすいところ(というか私がつまづいた所)をご紹介します。

 

 

「G Analytics」のインストール方法

 

g-analyticsをダウンロードします。

 

ダウンロードした、ZIPファイルをダブルクリックして解凍します。

 

解凍したファイルをWordPressのプラグインディレクトリにアップロードします。

(通常は /ドメイン名/public_html/wp-content/plugins/ )

 

WordPressのダッシュボードからG Analyticsを有効化します。

screenshot_20141009_215021

 

有効化されたら、ダッシュボードメニューに表示されます。

screenshot_20141009_215050

 

これで、インストールは完了。次は設定に移ります。

 

 

「G Analytics」の設定方法

 

ダッシュボード上の「G Analytics」を選択します。

screenshot_20141009_194726

 

ログイン失敗」と出ますが、これから設定していくので無視して進めていきましょう。

 

「設定」ボタンを押します。

screenshot_20141009_194758

 

設定画面で、GoogleAnalyticsとの連携設定をします。

screenshot_20141009_194847

下記のように入力していきましょう。

 

E-mail:GoogleAnalyticsを設定しているメールアドレスを入力

Password:上記E-mailアドレスのパスワード

プロファイル:GoogleAnalytics上で確認が必要 ※後述します

カウンター開始日:そのままでOK

閲覧権限:管理者にします

GoogleAnalyticsへのリンクパス:https://www.google.com/analytics/settings/home

 

 

プロファイルIDを調べる方法

 

プロファイルIDはGoogleAnalyticsにログインして確認します。

screenshot_20141009_225232

ログイン直後のホーム画面でいいので、URLを参照下さい。

 

Redirecting...

このようになっていると思います。

p以下の*の部分がプロファイルIDです。

これをコピーして入力欄に貼り付けましょう。

 

 

全項目入力してもログイン失敗となってしまう時の対処法

 

screenshot_20141009_202435

画像のように、全て入力してもログイン失敗となってしまう時があります。

その場合、GoogleAnalyticsのIDでGmailを参照してみてください。

 

こんなメールが届いているかもしれません。

screenshot_20141009_201521

 

これはGoogleが不正ログインとみなしてブロックしましたという連絡です。

screenshot_20141009_230710

メール上のURLをクリックすると、「安全性の低いアプリ」画面が現れます。

screenshot_20141009_201744

こちらを有効にします。

その後、再度G Analyticsの設定画面でパスワードを

入力し設定すると接続できるようになります。

 

有効に設定変更することはどういうことかは、下図を参照下さい。

screenshot_20141009_202512

どうやら、Googleは推奨しませんというスタンスのようです。

セキュリティ的に心配という方は続きを読んでみて下さい。

 

 

セキュリティ的に不安な方へ

 

セキュリティ設定をGoogleが推奨しない甘めの設定に

変更するのが嫌な方は、こちらの方法を試して見て下さい。

アプリ固有パスワード

 

これも嫌だと言う方は、定期的にチェックすればよいでしょう。

Googleのログインすると、「イベントをすべて表示」とありますので、

そこから、不正ログインがあったかどうかチェックすることができます。

screenshot_20141009_232250

 

screenshot_20141009_203323

 

G AnalyticsはわざわざGoogleAnalyticsにログインせずにアクセス状況をチェック

できますので、日々チェックされている方にとっては相当な効率化につながります。

 

是非活用していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました