「Google XML Sitemaps」でWordPressブログのサイトマップを設定する方法

GoogleXMLSitemaps

ブログを作ったら必ずやっておきたいのが、XMLサイトマップの対応。

サイトマップとは一言で言うと目次です。

XMLサイトマップは検索エンジン向けのブログ目次となります。

検索エンジンに対して目次を示すことで、ブログにどのようなコンテンツが

存在しているのか検索エンジンに知らせることができます。

WordPressブログの場合、XMLサイトマップ(以下サイトマップ)は

Google XML SiteMaps」というプラグインを導入すれば簡単に作れます。

早速、そのやり方をご紹介していきましょう。

WordPressのXMLサイトマップは「Google XML SiteMaps」で作ろう

では、「Google XML SiteMaps」の設定方法をご紹介します。

ダッシュボードの「プラグイン」-「新規追加」を選択します。

GoogleXmlSitemapsインストール1

プラグインを追加」画面が表示されますので、

右側のプラグインの検索フィールドに「Google XML SiteMaps」と入力します。

GoogleXmlSitemapsインストール2

検索結果が表示されたら、「いますぐインストール」を押します。

GoogleXmlSitemapsインストール3

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。

GoogleXmlSitemapsインストール4

これで「Google XML SiteMaps」のインストールは完了です。

GoogleXmlSitemapsインストール5

サイトマップを作成したらウェブマスターツールに登録して検索エンジンに知らせよう

プラグインを入れただけでは、ブログにXMLサイトマップが作成されただけです。

検索エンジンに対して、XMLサイトマップの場所を知らせてあげる必要があります。

この作業が抜けている場合が多いので確実に行うようにしましょう。

ウェブマスターツールにログインします。

まだ登録がお済みでない方はこちらから登録してください。

ウェブマスターツールの登録方法

赤枠の「サイトマップ」をクリックします。

ウェブマスターツールサイトマップ登録1

画面右の「サイトマップの追加/テスト」ボタンを押します。

ウェブマスターツールサイトマップ登録2

登録するサイトのサイトマップURLを入力し、「サイトマップを送信」ボタンを押します。

ウェブマスターツールサイトマップ登録5

サイトマップ URL の確認方法は下記の通りです。

ダッシュボードの「プラグイン」-「インストール済みプラグイン」を

クリックするとインストールされているプラグインが表示されます。

その中に「Google XML SiteMaps」がありますので、「設定」をクリックします。

ウェブマスターツールサイトマップ登録3

赤枠の部分に記載されているURLがサイトマップのURLとなります。

こちらのURLを先程の入力欄に記載し、サイトマップを送信してください。

ウェブマスターツールサイトマップ登録4

サイトマップが送信されたら、ページを更新してみましょう。

ウェブマスターツールサイトマップ登録6

サイトマップが登録されました。

ウェブマスターツールサイトマップ登録7

送信され、処理されましたとメッセージが出ていれば問題ないでしょう。

ウェブマスターツールサイトマップ登録8

念のため、サイトマップエラーやインデックスエラー項目もチェックしてみて下さい。

ウェブマスターツールサイトマップ登録9

特にエラーが見つからなければ問題ありません。

ウェブマスターツールサイトマップ登録10

お疲れ様でした。これでGoogleの検索エンジンにサイトマップ情報が伝達されました。

なお、「Google XML SiteMaps」のバージョンによっては

対応内容が若干異なってきますのでご注意下さい。

WEBSAEさんが詳しく説明されていますので、そちらも確認してみて下さい。

ちなみに、ここでご紹介したバージョンは4.0です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました