トレンドサイトの収益を効率良く増やす!分析ツール導入で反応を分析

a0001_016569

記事を公開したら、どれくらいアクセスがあったか?

どれくらいの人が記事を読んでくれたか?またAdsense広告をクリックしたか?

気になります。

 

分析ツール等を活用すればこれらの情報は収集することができます。

ただ反応を見るだけでも面白いのですが、

せっかくですから反応を分析して収益を上げていきましょう。

 

ここではまだほとんど記事を書いていない段階でしょうから、

ざっくり頭に置いておいてもらえたらと思います。

 

 

まずは分析ツールを導入・活用しよう

もし無料ブログサービス(はてなブログ、FC2、Livedoor、Yahoo!等)を使って

トレンドサイトを作成している場合は

分析ツールサービスが付帯しているかもしれません。

 

単純なアクセス数(PV数ともいいます。PVはページビューの略です)や

ユニークアクセス数(サイトに訪れた人数)などはチェックすることが可能です。

 

しかしこれだけでは情報が不十分です。

 

 

分析ツールで分かること

分析ツールを導入すれば、更に踏み込んだ分析が可能となります。

 

記事を読まずに退散したのか?

最後まで読んでもらえたのか?

複数の記事を読んでもらえたのか?

どんなキーワードで検索してきたのか?

検索エンジン経由か、SNS経由か?

PCからのアクセスか、スマホやタブレットからのアクセスか?

 

ユーザーの反応が分かれば分かるほど修正ポイントや

対策方法が明確になりますので是非活用してください。

 

 

記事にアクセスが集まらない理由

投稿された記事にアクセスが集まらない場合の原因は大きく2つあります。

 

1つは、上位表示されているが検索需要がないキーワードだった場合。

もう1つは、上位表示されていない場合です。

 

自分が投稿した記事がどちらに該当するのか?

対処法が全く違いますのでしっかりチェックするようにしましょう。

 

 

Adsense広告の配置はこれでOK?場所によって収益は大きく異なる

トレンドサイトの収益源はGoogleAdsenseです。

GoogleAdsenseは表示できる広告数に制限はありますが、配置場所は自由です。

 

自由な分、配置によって収益が全く違ってきます。

ユーザーの反応を分析して、より最適な配置を目指し収益UPを実現させましょう。

 

 

インデックスの速さによって書くべき記事が変わる

インデックスとはGoogle検索システムに投稿した記事が登録されることを言います。

インデックスされないことにはGoogleやYahoo!の検索結果には表示されません。

 

サイトを作って間もない時はインデックスされるまで数日かかることがほとんどです。

サイトの更新頻度が高まれば徐々に早くなっていきます。

 

自身のトレンドサイトが記事を投稿してからインデックスされるまでの

スピードによって記事内容を戦略的に工夫していく必要があります。

 

ユーザーの反応を分析すると、修正点の把握や反応のある記事の書き方、

収益率の高い広告配置、上位表示されるキーワード選定等、

トレンドサイトで稼ぐためのノウハウを効率よく吸収できます。

 

記事を量産することも大切ですが、

上手にアクセスを集め、収益化していくことも大切です。

 

より実践的な分析方法はこちらにまとめてありますので、

トレンドサイト作成が進んできたら参考にしてみて下さい。

 

※リンク先作成中※

コメント

タイトルとURLをコピーしました