ネットビジネスの成功者となる前に「足るを知る」

NKJ56_donatudashi500

ネットビジネスで大成功を収めるべく、

高いハングリー精神でまい進することには基本的に賛成です。

 

しかし、高みに登った後に大失敗して全てを失うことになったら大変。

また、得た富を失う恐怖に苛まれながら生きていくのも楽しくありません。

 

そうならないように、

 

「足るを知る」

 

この言葉を頭の隅に置いておけば、もっと充実した人生が送れると思います。

 

 

足るを知るとは?

 

欲に惑わず、自分というものを尽す人であれば富んでいるのだということ。
真の富とは財貨や名利ではなく、その人間のあり方によることをいう。

足るを知る者は富むとは - ことわざ・慣用句

 

経営の神様と言われる稲森和夫さんも、

この教訓を意識した生活を送られています。

 

目先の富ではなく、自分や自分の周りの大切な人々が

充実した生活を送れるポイント。

ここを見極めようという教訓だと私は解釈しています。

 

一方、一般的な金持ちのイメージが反面教師ですね。

 

お金はあるけど、そこには愛が無い。

家族のコミュニケーションが希薄。

お金のために、人を傷つけてまでも手に入れよう、誇示しようとする。

 

こんな展開をよくドラマ等で見かけます。

これだと、何のために金持ちになったのか分かりません。

 

せっかく努力したのに…。

もったいないと思いませんか?

 

※ちなみに、真のお金持ちはこんなことはないと思います。

 

 

足るを知らねばいくら経済的に成功しても無意味

 

人間の欲には際限がありません。

 

100万手に入れれば、1000万欲しくなります。

1000万手に入れれば、1億欲しくなります。

1億手に入れれば、10億欲しくなります。

 

自分自身が足るポイントを知らなければ、

この恐ろしい無限の欲望に振り回されてしまいます。

 

 

失うことの方が怖い

 

人間は、一旦手に入れたものを失うのが非常つらいです。

 

例えば、あなたに突然

「宝くじが6億当たりました!おめでとうございます!」

と連絡があったとします。

※詐欺ではない前提で考えましょう

 

その瞬間、あなたの頭の中の人生が激変します。

 

「あれを買おう」

「これを買おう」

「会社なんてやめちゃおう」

「ギャンブルでもっと増やそう」

 

こんな感じです。

 

そしてその数日後、また連絡が。

「すみません、人違いでした。あなたではありませんでした。

この話は無かったことにして下さい。」

 

どうでしょう?

 

とんでもないショックだと思います。

一旦外したタガを元に戻すことは困難を極めるでしょう。

働く気力すら無くなってしまうかもしれません。

 

一度得たものを失った時の影響は大きいのです。

 

 

自分の理想系は何なのか?経済的に成功する前から考えておこう

 

月収1000万を達成してやる!

金銭的な富にフォーカスを当て、激しいモチベーションで挑戦するのは

目標達成には非常に有効です。

 

しかし、それだけでは金銭的な欲求が高まるだけとなり、

稼いでも稼いでも欲求が満たされることはありません。

 

足るを知る。

 

あなたの人生で大切なものは何か?

金銭的な富以外で手に入れたいものは何か?

 

考えながら、成功への階段を登りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました