子育てから感じた目標設定の大切さ!ネットビジネスも同じ

kampenwand-49899_640

 

子供が「頑張りカード」にチャレンジ

 

私には、小学生と保育園児の子供がいます。

妻が育児相談か何かで「頑張りカード」というものを仕入れてきました。

 

この頑張りカード。

一週間単位で目標を立て、守れたらシールを貼り、

目標を達成できたらご褒美をあげるというもの。

ご褒美はアイスとか、チョコとか普段買ってあげるようなものです。

 

目標の数は6つ+1つ(おまけ)

1週間で28枚のシールを集めることができれば目標達成です。

 

6つの目標にもポイントがあります。

6つのうち4つは当たり前にできることを”あえて”挙げること。

残り2つは、本当に達成して欲しい、できるようになって欲しい目標です。

 

おまけシールは、恐らく救済処置に設けられたもの。

 

私たちは、自己アピールの場としました。

自分でいいことをしたらそれを子供にアピールしてもらう。

親がOKならシールをあげるというもの。

 

やった内容が素晴らしければ、10個でも20個でもあげました。

 

 

子供に異変が

 

子供はシールが大好き。

シールも自分で貼りますので、たくさん貼りたいわけです。

 

シールが欲しいから頑張る。

毎日毎日楽しみながら続けています。

 

始めてしばらくすると、異変に気づきました。

子供達が本当に達成して欲しい目標2個をどんどん達成していくのです。

 

しかも目標は毎週入れ替えるので、頑張りカードから姿を消すものも。

 

以前はできなかったことが、

頑張りカードになくても出来るようになっていました。

 

 

確実にできるようになっていく

 

毎週2個新しい目標を入れる。

達成したら入れ替える。

入れ替えた後もできるようになる。

 

これを続けていけばどうなるか?

 

何だかもの凄いことになりそうです。

シールやご褒美の効果が続く限りずっとやっていくつもりです。

 

 

ポイントは出来ること4つ真の目標2つ

 

頑張りカードを考えた人は凄いと思います。

確実に出来ることと、真の目標のバランスが絶妙。

 

確実に出来ることが4つですから、1週間で28。

つまり、ほぼ確実に目標達成できるわけです。

 

目標達成という充実感を味わいながら、真の目標にもチャレンジする。

結果、真の目標もクリアしてしまう。

 

子供向けのものは、人の心理を上手く突いたものが多いです。

 

 

子供ができるなら!ネットビジネスに置き換えて考えよう

 

頑張りカードをそのままネットビジネスの目標管理にも使えそうです。

 

例えば、あなたが副業でトレンドアフィリエイトに取り組むとして、

毎日2記事を書きたいとします。

 

以下のように目標を立ててみましょう。

 

1. 帰宅してから寝るまでにPCの前に座る

2.PCの電源を入れる

3.自分のブログを開く

4.トレンドニュースのネタを探す

5.記事を書く

6.記事を書く

 

1から4の目標はほぼ確実にできることです。

どんなに疲れてても、これくらいは出来るはずです。

 

5から6が真の目標です。

出来なくても、他のことが出来ていれば少しはやっている感じがしますし、

4までこなしたら、自然と5、6まで作業が流れていくものです。

 

せっかくネタを見つけたから書いちゃおう。

ここまでやったら書いてから寝よう。

 

こんな感じです。

行動の導線を張っているわけですね。

 

子供にできることです。あなたにもできるはずです!

 

コメント

  1. えりきゃり より:

    はじめまして。
    頑張りカードってとても良いアイディアですね!
    娘と一緒にやってみようと思いました!

    • misogoro より:

      えりきゃり様

      コメントありがとうございます。

      是非娘さんとやってみてください!
      うちも楽しみながら継続中ですよ。

      過去の頑張りカード全て保存しています。
      将来、大きくなった子供に見せてあげたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました