情報発信媒体別(文章・音声・動画)特性とアウトプット戦略

tree-200795_640

ネットビジネスで有益なコンテンツを自ら情報発信して稼ぐ。

ネットビジネスで大きく稼ぐためには必要なことです。

 

情報を伝える手段には何があるのでしょう?

 

 

情報発信も媒体は大きく3つ

 

ネットビジネスで何か有益な情報発信をする場合、

情報を伝える手段(媒体)は大きく以下の3つです。

 

・文章

・音声

・映像

 

それぞれ特性があるので、ご紹介していきます。

 

 

文章

 

文章にして情報を伝えることができます。

遠い昔から行われてきた手法です。

 

ネットビジネスで文章を用いて情報を伝えるのは、

ブログやメルマガ、情報商材あたりになります。

 

文章は紙に出して持ち歩くことができますし、

最近ではスマホやタブレットPCなどで手軽に見ることもできます。

 

文章は、読み手が必要な情報だけを集めることにも向いています。

既に理解した情報などは、容易に読み飛ばして進めることができます。

 

 

音声

 

音声で情報を伝えることができます。

音声ファイルに自分の声を録音して渡すことができます。

 

ネットビジネスでは音声ファイルとして

ブログからダウンロードしてもらったり、

メルマガに添付して渡したりすることが可能です。

 

音声の特性は、文章に比べ手軽に情報が伝わります。

ただ聞くだけなので、文章を読むよりもリラックスして望めます。

何かをやりながらでもできます。

車の運転をしながら音声で情報を得ることができます。

 

また、文章では表現できない、

声のトーンやスピードなどのニュアンスも伝えることができます。

 

文字だけでは伝わりにくいことも多いです。

音声ならより深く、多くの情報が短時間で伝わります。

 

 

動画

 

Youtubeなどの動画サイトとスマホの普及により、

動画がかなり身近な存在になりました。

 

ネットビジネスでは、ブログに貼り付けたり、

メルマガで送信したり、音声ファイル同等の使い方が可能です。

 

動画はかなり多くの情報を伝えることができます。

「百聞は一見にしかず」ということわざがあるように、

映像として伝えることができる情報量は相当なものです。

 

音声よりも利便性は落ちますが、

圧倒的な量の情報を伝えることができます。

 

 

戦略に合わせた媒体で効率的に情報発信しよう

 

文章、音声、動画。

それぞれの特性を理解した上で、効率的に情報発信をしていきたいですね。

 

コンテンツの内容によって、使い分けていきましょう。

 

文章は後で見返すのに便利ですし、

音声は聞き流しができて繰り返し理解が必要なものに便利、

動画は濃い情報を発信するのに便利。

 

文章を用意したから音声や動画は不要ではなく、

全てあった方がベターです。

 

生活のシーンによってユーザーが媒体を選択する。

そんな情報発信がこれからはウケそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました