量をこなせば質が上がる「量質転化の法則」はネットビジネスにも当てはまるか?

photo-collection-382018_640

 

量質転化の法則とは

 

量質転化の法則とは、

毎日毎日たくさんの量をこなしていれば、

ある時を境に、その質も向上するというもの。

 

はじめから質の高いものは生み出せない。

しっかりした量をこなすことではじめて、

それは達成されるという考え方です。

 

受験勉強などで、この言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

ネットビジネスにも、この量質転化の法則は当てはまるのでしょうか?

 

 

ネットビジネスの場合「量」も立派な戦力となる

 

ネットビジネスの場合、はじめのうちにこなした量も無駄にはなりません。

特にブログなどでは、コンテンツの量が多いほどSEO的には有利。

 

もちろん、はじめのうちに書いた記事などは、

低品質なコンテンツとしてGoogleからペナルティを受けてしまう要因となる

こともありますが、基本的には後々の役に立ちます。

 

実際に私のトレンドサイトでは立派な血肉となっています。

また、以前ノウハウコレクターだった時にかじっていたことも、

現在では役に立っています。

 

 

もちろん量をこなすことで質も上がる

 

さて、量質転化の法則に話を戻しましょう。

最近自分でこの法則を実感しているところです。

 

以前はブログ記事を月に50記事書ければ良い方でした。

しかし、今では月に150記事以上書くことができます。

 

全てオリジナルの一次情報です。

トレンドサイトや特化型ブログであれば200記事は書けます。

 

ネットビジネスを始めてからこれまでに書いた記事数は、

おおよそ1000記事ほど。

これだけの量をこなしてようやく慣れてきました。

 

そして、肝心の質はどうでしょう?

 

これも自分としてはUPしていると思います。

ああ、あんまりまとまってないかなぁ、と感じながら書いた記事でも、

後から読み返してみると、案外読める文章になっています。

あくまで主観的な印象ですが。

(文書は読んだ人が判断するので、確証はないですが)

 

時間的な質は確実に上がっています。

しかも飛躍的に。

 

1記事にかかる時間はほぼ1時間以内です。

調子がいいと、20分程度で1000文字以上の記事を仕上げます。

 

量質転化の法則は本当です。

 

 

毎日自分の限界をちょっとずつ超える量をこなすとよさそう

 

さらに一歩踏み込んでみましょう。

毎日ちょっとずつ限界値を上げていくのです。

 

記事数を増やしたり、制限時間を短くしたり。

 

限界値をちょっとずつ上げていく事で、能力が飛躍的に上がっていきます。

量質転化の法則を最大限に生かせます。

 

時間短縮を目指す場合は、タイムトライアルを強くお勧めします。

集中力も上がりますし、作業スピードが格段に上がります。

 

トレンドサイトの記事作成に時間がかかる悩みを撃退!成果を一気に加速させるタイムトライアルという仕事法

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました