トレンドアフィリエイト記事の書き方方法改善!ネタ探しを時間短縮するコツを紹介

turtle-255271_640

トレンド記事1記事を仕上げるのに、数時間を要してしまう。

こんな悩みを持っている方は多いと思います。

 

1記事にかかる時間は1時間程度に抑えたい。

 

時間短縮につながるヒントになればと思い、

この記事をしたためることにします。

 

 

ネタ探しという名のネットサーフィンになっていないか?

 

これは結構ドキッっとする方は多いのでは?

 

トレンドネタはほとんどインターネットから探してきますので、

ネタを探しているつもりなのに、いつの間にか

自分の知的好奇心を解決するための行動に変わっている場合が多いです。

 

「おっと、いけない。」

これの繰り返しが全て、トレンド記事を書く上では無駄時間となります。

 

 

大ヒットは狙いすぎていないか?

 

せっかく記事を書くなら、大爆発が欲しい。

これは痛いほど良く分かります。

 

しかし、大爆発を狙うあまり、

ネタの選定に慎重になりすぎてはいませんか?

 

より完璧なネタを…

この繰り返しも、結局無駄時間となってしまいます。

 

まあイケそうだな。

 

これくらいのネタをガンガン書いていった方が、

記事数も増え、サイトも強くなり、経験値も上がり、

より大きなヒット記事を生み出す下地となっていきます。

 

 

一つネタを見つけたらそこから複数の関連記事を書く

 

記事をより早く書くためのポイントをお伝えしましょう。

それは、一つのネタから派生させて複数の記事を書くこと。

 

一回のネタ探しで、3~5記事書いてしまおうというわけです。

 

メインキーワードは同じで、サブキーワードをずらしていけば、

一つのネタで複数記事を書くのは難しくありません。

 

たとえば、「甲子園が開幕!」というニュースがあったとします。

メインキーワードを「甲子園」にして、いくつかキーワードを考えます。

 

「甲子園 2014 日程」

「甲子園 2014 決勝戦」

「甲子園 2014 注目選手」

 

こんな感じです。

これで3記事書いていきます。

 

3記事書き上げたら、それぞれを関連記事としてリンクを張ります。

そうすれば、内部リンクでSEO効果もありますし、

1つの記事から残りの2記事も読んでもらえる可能性もあります。

 

1記事しか書かない場合に比べ、アクセスは明らかに集めやすくなります。

一石二鳥どころか、一石三鳥状態です。

 

また、頭も甲子園モードになっていますので、

1記事を書くスピードも上がってくるかもしれません。

 

たったこれだけの工夫で、

劇的に1記事にかかる時間を減らすことが可能です。

 

別に3記事だけでなくてもいいです。

5記事、10記事書いちゃってもいいと思います。

 

是非試してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました