アドセンス審査一発合格へ!申請ブログ作成のポイントと記事数は?法人アカウント申請時の実例

NKJ52_mezasuhananbar1500

 

Googleアドセンスの審査が年々厳しくなっているようです。

 

私がアドセンス審査をパスした2007年あたりは、

ブログを3記事くらい適当に書いて申請すればOKだったのですが。。

 

最近では、審査に落ちましたという声をちらほら聞きます。

 

ちなみに私は今から半年ほど前に、

法人アドセンスアカウントの申請をして一発合格を果たしました。

 

その時にどの程度準備したのか?

いい機会なので、ここで公開させていただきます。

 

参考にしていただければと思います。

 

 

申請するブログは「はてなブログPRO」で作成

 

はじめから一発合格を狙っていたので、

トレンドサイトをしっかり作りながら申請してしまおうと考えました。

 

申請用のブログを立ち上げるのではなく、

はじめから本当に広告を載せるブログで申請しました。

 

 

記事は10記事以上用意

 

申請時までに用意した記事数は11だったと思います。

10個だといかにもな気がしたのと、

10個以上という自己満足も兼ねて11記事用意しました。

 

やはり1発合格目指すなら、

最低10記事は用意しておいた方がいいでしょう。

 

 

画像や動画は使わない

 

画像や動画などは一切使いませんでした。

 

著作権が絡んできそうなものは極力排除です。

画像や動画はまさに著作権問題の元凶。

 

使わないようにしましょう。

 

 

リンクも張らない

 

外部サイトへのリンクだけでなく、

内部リンクも排除しました。

 

とにかく、余計なことはしないが鉄則です。

 

 

1記事の文字数は800~1000文字は書こう

 

用意した11記事は全て、

オリジナルの文章で1000文字以上です。

 

確実に合格を狙ったので、1000文字以上にしました。

800文字でもいいとは思います。

 

もちろんですが、コピー文章は論外です。

リライトでも微妙だと思いますので、

しっかりと完全なるオリジナル記事を用意して下さい。

 

 

数日かけて10記事以上書こう

 

1日で11記事書いたわけではありません。

1日2~3記事を数日に分けて書き上げました。

 

この辺りが関係するかは微妙ですが、

できるだけ自然なブログ更新を心がけました。

 

 

以上がアドセンス申請にあたり、気をつけたポイントです。

これで1発合格を果たしました。

 

今後もGoogleアドセンスの審査は厳しさを増す可能性が高いです。

 

現時点ではこれくらいの準備で大丈夫でしょうが、

時代の流れとともに変わっていきますので、

そこは臨機応変に対応していきましょう。

 

もし、仮に不合格となってしまっても、

再チャレンジが可能ですので、安心してチャレンジしてみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました