田舎暮らし

田舎でネット起業して楽しいこと良かったこと

投稿日:2014年12月 更新日:

田舎ネット起業の良さ

田舎でネット起業して3年が経とうとしています。

東京から田舎へ生活の舞台を移し、田舎でネット起業して環境が激変しました。3年間を振り返り、田舎暮らしで楽しい!とか、良かった!とか思う部分にスポットをあてて紹介します。

 

睡眠時間

田舎ネット起業して最も大きく変わったことは、自分の意志で時間をコントロールできるようになったことです。もちろん、そこには家族を養うという責任が付きまといますが、東京でサラリーマンをしていた時と比べ、時間の使い方、時間の考え方が大きく変わったのは間違いありません。

特に睡眠時間。

田舎暮らしの最初の1年間は本当に子供と一緒に寝て、子供と一緒に起きていました。21時には寝て、6時~7時の間に起きるという生活です。

東京では8時間以上寝るなんて本当に考えられませんでした。5時間寝れれば御の字です。睡眠時間3時間とかもザラでしたので、そう考えると今は本当に人間らしく生きています。

東京では顎の下や頬の下に常にできていた吹き出物も、今ではほとんど見かけなくなりました。寝ることの重要性が身にしみている今日このごろです。

 

食材の新鮮さ、美味しさ

東京のお店が提供してくれる料理やスイーツは、本当に美味しいです!

もちろんお店を選ぶ必要がありますが、雑誌やテレビで取り上げられるお店はもちろん、地元や口コミで伝わってくるようなお店も本当に美味しい。

でも…

田舎の卵かけごはんが美味しいんです!

田舎のつきたてのお餅が美味しいんです!

田舎の刺し身が美味しいんです!

東京で10年以上暮らして、美味しいお店にも沢山行きました。どれも美味しかった。でも、田舎に帰ってきて食べた卵かけごはんの味が格別なんです。

「それ、今朝産んだ卵だよ。」

東京は加工品が抜群にうまい!田舎は素材が本当にうまい!!

 

家族と過ごす時間

時間のコントロールができる生活は、家族との時間にも恩恵があります。

夕食は全員揃って「いただきます!」。子どもたちに日直になってもらい、いただきますの合掌です。子供が上手に食べれなくて、食事の基本的な作法(箸の持ち方や食べ方)や姿勢の教育で説教ばかりの日も多いですが、それはそれで有意義な時間です。

東京では、子供が何が好きなのか?何が嫌いなのか?全く分かりませんでした。それだけ一緒に食べる時間が無かったんだなーと今になって感じています。

 

子供の幼児期の過ごし方

田舎暮らしで生活環境が最も劇的に変わったのは子どもたちかもしれません。

地元でも有名なわんぱく保育園(昔ながらの遊びや身体を動かすことを最重要視する保育園のこと)に入園した子どもたちは、園児の間に田舎でしかできない多くの体験をしました。

  • ポニーややぎの世話や出産の立会い
  • 登山や海水浴、潮干狩りやイルカウォッチング
  • サトウキビ作りや田植え、収穫
  • 餅つき
  • 川遊び、スキー
  • 宿泊イベント(キャンプ、宿泊登山)

まだまだありますが、イメージしやすいものをピックアップしました。

そのおかげで、非常にたくましい姿に成長してくれました。車酔いもしなくなりましたし、風邪もあまりひきません。保育園卒業するころには25mプールをクロールで泳ぎ切るようになりました。

私達が知らない植物を持ってきて「これ〇〇だよ!食べれるよ。」なんて言われた時には、「ああ、田舎に帰ってきてよかったなぁ。」とつくづく思いました。

 

老いや死に対する意識

これは本当に変わりました。変わらざるを得ません。

周りを見渡せば、ほとんどが高齢者の方です。自分の親とも毎日顔を合わせていますし、意識しない方がおかしいくらいです。

「最近、腰が悪くてね…。」

「あの人が倒れて入院したらしいよ。」

「ああ、あの人が亡くなったらしい。でも歳が歳だから大往生よね。」

こんな話が普段の会話でドンドン出てきます。

東京では全く意識することなく、同世代や比較的近い年齢層で身体が動いて当たり前な人たちとしか接しません。10年ほどの間に自分の親の介護は?とか、自分が老いたら?とか、頭の隅にも出てきませんでした。

しかし、今は多くの事例を目の当たりにし、話も聞きます。(耳に入ってきます。)自分達の老後はどうするか?老いた時にどうなっていたら幸せか?またどのような最期を迎えたら悔いはないか?

普段から考えるようになりました。

普段から夫婦で話をするようになりました。

老いや死からは絶対に逃れることができません。今から準備しておけば、少なくとも大きな後悔をすることは無いだろうと思っています。気付くことができて、考えることができるようになって良かったと思っています。

 

まとめ

最後は随分しんみりとなってしまいましたが、それも含めて田舎でネット起業して良かったなと思っています。田舎でネット起業することに興味がある方にとって、少しでも参考になれば幸いです。


関連記事

田舎での仕事はパソコンで作ると楽に安定する?

 

みそごろうメルマガ

-田舎暮らし

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットビジネスを本業に起業した生活は自由?やりがいは?

  ネットビジネスで起業!   脱サラして田舎暮らしを始めて1年が過ぎようとした頃、 社員一人の法人を立ち上げました。   起業です。   馬主になる夢をかなえ …

田舎での仕事はパソコンで作ると楽に安定する?

おそらく、この記事を読んでいるあなたは「田舎 仕事」とか「田舎 仕事 パソコン」とか「田舎 仕事 作る」で検索してきたのではないかと思います。 「田舎暮らしをしたい!けど、仕事が心配だし年収が落ちるの …

プロフィール:みそごろう

■プロフィール:みそごろう

元日立系のシステムエンジニア。
脱サラして東京から妻子とともに田舎へ。

自己投資に累計1000万円以上つぎ込み、ネットビジネスで起業を決意。子供に仕事内容を堂々と話せる「健全なネットビジネス」を第一に実践中。

完全に0から、月収10万→150万→今ではサラリーマンの年収をゆうに超える月収を稼ぐまでに。不動産、FX、一口馬主など投資実践もしながら、田舎で家族と自由でストレス軽めな生活を送っています。

実績

【ブログ】
月収:¥118,056

【メルマガ(情報発信)】
2015年
企画販売開始3分で完売。月収150万。
2016年
年収1000万以上。

【指導実績】
月収20万以上…3名
月収10万以上…7名
月収5万以上…多数
日給3万…妻

検索

follow us in feedly

・強力な媒体×100記事未満で月10万稼ぐ術
・3年間のノウハウコレクターから
 10万→150万と一気に駆け上がったワケ
・Yahoo!に掲載される良質メディアを作る術

これら全てを無料メール講座に登録して手に入れて下さい。500ページを超えるマニュアルもプレゼント中。