ネットビジネスで起業して稼ぐ!30代妻子持ちが脱サラ田舎暮らし

田舎ネットビジネス起業家みそごろうのブログ

「P3 Plugin Performance Profiler」でブログが重い原因を調査・特定する

   

designate-427537_640

 

ブログが重い。。

 

WordPressは”プラグイン”で手軽に機能拡張できる反面、

プラグイン間の相性などもあってサイトが重くなる場合があります。

 

「犯人は誰だ?」

 

サイトを重くしている原因を調査できるプラグインを紹介します。

P3 Plugin Performance Profiler」です。

 

 

「P3 Plugin Performance Profiler」インストール方法

 

ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」の順で選択します。

screenshot_20141014_180938

 

「P3 Plugin Performance Profiler」と入力して検索しましょう。

screenshot_20141015_105729

 

「P3 Plugin Performance Profiler」が表示されたら「今すぐインストール」を押します。

screenshot_20141015_105757

 

インストールが完了したら、プラグインを有効化をクリックします。

screenshot_20141015_105815

 

以上でインストールは完了です。

screenshot_20141015_105918

インストール後の設定は特に不要です。

 

 

「P3 Plugin Performance Profiler」の使い方

 

使い方は、プラグイン一覧の「Scan Now」をクリックします。

screenshot_20141015_105942

 

以下のような画面になりますので、「Start Scan」をクリック。

screenshot_20141015_110053

 

「Scan name」はそのままで問題ありませんが、

後で見てもわかるように名前を付けても良いでしょう。

screenshot_20141015_110141

 

処理が実行されたら、このような画面になります。

screenshot_20141015_110222

 

完了したら、こんな感じ。

screenshot_20141015_110341

「View Results」をクリックしたら、結果を確認することができます。

 

 

結果を確認してみよう

 

実際に、このブログをチェックしてみました。

screenshot_20141015_113725 まず、数字はこんな感じです。

 

プラグインの数は16個(Total Plugins:)

プラグインのロード時間は0.752秒(Plugin Load Time)

ページのロード時間に対してプラグインが占める割合は68.7%(Plugin Impact)

1アクセスあたりのデータベースのクエリ総数96(MySQL Queries)

※クエリ総数が何を示すのかはよく分かりません。

 

次はグラフを見てみましょう。プラグインごとの内訳が表示されています。

 

まず、目立つのは「Crayon Syntax Highlighter」がほとんどを占めています。

何と、74%!ほとんどこれに時間がかかっている状態です。

次は「Contact Form 7」の5%ですね。これは目立った数字ではありません。

 

このように、どのプラグインに時間がかかっているか?

視覚的に判断することができます。

 

私のサイトの場合は、「Crayon Syntax Highlighter」の取捨を判断すれば

更なるレスポンス改善が期待できると判断できるわけです。

 

チェックが終わったら、「P3 Plugin Performance Profiler」を停止させておくと、

余計な処理が実行されませんので、気になる方は検討してみて下さい。

 

 

スマホを使ってサイトへアクセスしてくる人が増えています。

そういう意味では、サイトの表示速度もユーザビリティ向上の重要な要素です。

 

自分のブログがサクサク見れるのか?

定期的にチェックしておくとよいでしょう。

 

みそごろうメルマガ

いいね!すると、ゆる~いつぶやきが届きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

 - Wordpress

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

  関連記事

screenshot_20141010_184137
STINGER5ファビコンやヘッダー画像をカスタマイズする方法

  最近、WordPressテンプレートではデフォルトスタンダードに …

web-401497_640
STINGER5グローバルメニューの文字サイズや色、反転表示をカスタマイズする方法

  STINGER5テンプレートに変更して2日目。   ヘッ …

pencils-447481_640
STINGER5サイドバートップにプロフィールを!並び順の変更方法

  WordPressテンプレート「STINGER5」を導入して、 ど …

ea38f20a57a623e9323df706063cf34a_s
「Broken Link Checker」はリンク切れエラーチェックプラグイン!ただし重いかも

  詳しくはこちらを見てください! →リンク リンクをクリックしてみる …

egg-timer-447203_640
GoogleAnalyticsが突然ゼロに!原因はテンプレート変更かも

  アクセス解析に「GoogleAnalytics」を利用していますが …

sitemap
「PS Auto Sitemap」でWPブログへサイトマップを設定する方法

ブログっていつも思うのですが、どこにどんな記事があるのかよく分かりません。 元々 …

エラー画面
【WordPress】このウェブページにアクセスできません!DNSエラーか

昨日、いきなりこのブログが「このウェブページにアクセスできません」となり、全く表 …

screenshot_20140930_111048
BackWPupでWordPressブログを手動バックアップする方法

  万一に備える。 WordPressブログ運営者にも備えは必要です。 …

表示されない
「PS Auto Sitemap」が表示されない!原因・対策方法まとめ

「PS Auto Sitemap」の設定をしたのに表示されない。。 下の画像のよ …

GoogleXMLSitemaps
「Google XML Sitemaps」でWordPressブログのサイトマップを設定する方法

ブログを作ったら必ずやっておきたいのが、XMLサイトマップの対応。 サイトマップ …

Topへ戻る